SWRCトップのアル‐アティヤが失格、優勝はプロコップに – RALLYPLUS.NET ラリープラス

SWRCトップのアル‐アティヤが失格、優勝はプロコップに

 

 SWRC第1戦メキシコで優勝したナッサー・アル‐アティヤのフォード・フィエスタS2000にレギュレーション違反が発覚。リザルトより除外されたことが明らかになった。

 違反が見つかったのは燃料タンクのベンチレーション部分。チームはこの裁定について上告しない模様だ。

 アル‐アティヤが除外されたことで順位は繰り上がり、優勝はマルティン・プロコップ(フォード)。2位はユホ・ハンニネン(シュコダ)、3位にオット・タナク(フォード)が入ることとなった。

 なお、プロコップは前戦スウェーデンでDMACKを使用していたものの、今回のメキシコではミシュランを選択している。



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY CARS