ダカールデビューのクリス・ミーク「長期的にクロスカントリーで走りたい」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ダカールデビューのクリス・ミーク「長期的にクロスカントリーで走りたい」

©PH SPORT

ダカールラリー2021年大会でクロスカントリラリーデビューを果たすクリス・ミークだが、これが一度きりの挑戦にならないことを希望しているようだ。1月2日にサウジアラビアをスタートするダカールラリーに、ミークはPHスポールからライトプロトタイプ部門に参戦する。ナビゲーターはウーター・ロゼガーが務める。

「カザフスタンやモンゴルを走破するシルクウェイラリーのようなラリーを見てみるといい。すっかり魅了されたし、コンペティティブな環境で探求することがたくさんあることにも気付かされる」とミーク。
「今後も続けたいという志はあるが、それが実現できるといいね。今は、PHスポーツから参戦するという最高の機会を得ている。このT3クラスでの参戦は、始めるには絶好の流れ。絶対に、長期的にクロスカントリーラリーをやっていくことを考えていきたいね」

FIAワールドカップforクロスカントリーラリーは、ダカールと同じようなレギュレーションやカテゴリー区分となっており、2021年は4月8日、ポルトガルで開幕する。

ミークが参戦するこのライトプロトタイプクラスには、DTMタイトルを2回獲得している2016年世界ラリークロス王者のマティアス・エクストロームも参戦。ナビゲーターは、エクストロームと同じスウェーデン出身の元JWRCチャンピオン、エミル・ベルクビストが務める。
(Graham Lister)



ラリプラメンバーズ2021