セバスチャン・オジエとジュリアン・イングラシアが正式にWRCタイトル戴冠、ラトバラ新代表にも言及 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

セバスチャン・オジエとジュリアン・イングラシアが正式にWRCタイトル戴冠、ラトバラ新代表にも言及

©WRC PROMOTER

FIAの年間表彰式が12月18日、ジュネーブで開催され、表彰対象者はオンラインで出席。2020年のWRCでドライバーズ選手権、コ・ドライバーズ選手権を制したトヨタのセバスチャン・オジエとジュリアン・イングラシアが、正式にWRCチャンピオンとして戴冠した。

同じくマニュファクチャラーズ選手権を制したヒュンダイ、WRC選手権 for チームズを制したヒュンダイ2Cコンペティションもタイトルを受けた。

WRC PROMOTER

新型コロナウイルスの世界流行に翻弄され続けた2020年シーズン、トヨタ・ヤリスWRCで自身7度目のタイトルを手にしたオジエは、例年以上に難しい年であったことを吐露した。

「このパンデミックと向かい、例年とはまったく異なる、予想もしていなかったようなカレンダーに対応しなくてはならなかった」とオジエ。

「実は、今シーズン、選手権を行うことも難しいのではという気分で、次がどうなるかも分からない状態でひとつひとつのラリーを終えていくしかなかった。だから、緊張感はいつも以上に高かったと思う。どのラリーも全開で攻めなくてはならなかったし、長期的なプランを立てるのは難しかったからね。どのラリーでも、今回はベストを尽くしてできるだけポイントを獲っておかなくてはならないと考えていた」

オジエは、先日トヨタが、トミ・マキネンに代わり2021年はヤリ‐マティ・ラトバラがチーム代表を務めることを発表したことについてにも言及した。オジエとラトバラは、フォルクスワーゲン・モータースポーツ時代に4年間をチームメイトとして過ごしている。

「彼以上に情熱的で、WRCのことを知っている人はいない。彼は必ず、この新しい職務に全エネルギーを注いでくれる。このニュースを聞いて驚いた人はたくさんいたと思うが、彼がこの新しい職務をどのようにこなしていくのか、とても興味深いね」

TOYOTA



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!