JAF、2021年のラリー競技開催規定の一部改正、および日本ラリー選手権規定の変更を発表 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

JAF、2021年のラリー競技開催規定の一部改正、および日本ラリー選手権規定の変更を発表

©RALLY PLUS

JAFは8月11日に公式ウェブサイトを更新し、ラリー競技開催規定の一部改正と、日本ラリー選手権規定の変更を発表した。

『ラリー競技開催規定の一部改正』としては、参加車両の項目に「R車両で臨時運行許可証および番号標を有している場合、当該許可における運行目的は当該車両が参加するラリー競技会への参加でなければならず、かつ、運行期間は当該競技会に有効なものでなければならない」という一文が付け足されたほか、参加確認および参加車両検査において、必要な場合には臨時運行許可証(臨時運行許可申請書)、自動車カルネおよび登録証書を提示しなければならないとされた。これらの変更点は、第1種/第2種アベレージラリー、スペシャルステージラリーのいずれにも適用される。

また、『日本ラリー選手権規定の変更』においては、全日本選手権で従来「ドライバー部門、ナビゲーター部門」と呼ばれていたものを、「ドライバー部門、コ・ドライバー部門」に改称したほか、全日本選手権の各クラス成立台数を5台(2020年は各クラス3台)とするなどの変更が加えられている。

施行はいずれも2021年1月1日から。

ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!