ラリー丹後、観戦エリアは設けず。京丹後市は支援事業としてふるさと納税をスタート – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ラリー丹後、観戦エリアは設けず。京丹後市は支援事業としてふるさと納税をスタート

©RALLY PLUS

7月31日~8月2日に開催を予定している「NISSINラリー丹後2020」の主催者は、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受けてギャラリーステージの開催中止を決定したことを発表した。

また、ラリーの拠点となる京丹後市では、事業支援に係る寄附金使途を期間限定で追加し、ラリー丹後の映像作成・ダイジェストネット放送のための寄附金の受付を、ふるさと納税のかたちでスタートしている。募集期間は7月30日(木)まで。目標金額は50万円とされている。

京丹後市HP「NISSINラリー丹後2020」映像作成・ダイジェストネット放送のための寄附受付開始について
https://www.city.kyotango.lg.jp/top/soshiki/mayoroffice/seisakukikaku/2/13230.html

RALLY PLUS