第10戦オーストラリア:ローブがクラッシュ!SS5を終え首位はオジエ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

第10戦オーストラリア:ローブがクラッシュ!SS5を終え首位はオジエ

 

WRC第10戦オーストラリアはデイ1前半が終了。SS3〜5までの3本のSSは誰もが初めてのチャレンジとなるコースだ。

 SS3のトップタイムはローブで、いきなりオジエを2秒上まわる総合トップに躍り出る。しかしSS4の1.3km地点でローブはロールオーバー。少なくともデイリタイアは確実な情勢だ。

 そのSS4でトップタイムを刻んだのはペター・ソルベルグ。しかし続くSS5で高速スピンを喫し、総合4位につけている。

 SS5のトップタイムはヤリ-マティ・ラトバラ。ペターを抜いて総合3位に浮上した。

 ミッコ・ヒルボネンは3番手、2番手、2番手と確実な走りで総合2番手につける。

 そして総合トップはオジエ。大きなミスもなく2位のヒルボネンと9.1秒差でリードをたもっている。

 30分のサービスを挟み、SS6は日本時間13:42からスタートする。

【SS5後暫定総合】
1:S.オジエ 37.34.6  
2:M.ヒルボネン +9.1  
3:J.ラトバラ +24.7  
4:P.ソルベルグ +24.9  
5:E.ノビコフ +57.3  
6:H.ソルベルグ +1:25.1



RALLY PLUS
RALLY PLUS