ERCが再調整した2020年カレンダーを発表。カナリアスが最終戦に – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ERCが再調整した2020年カレンダーを発表。カナリアスが最終戦に

©ERC

ERCは、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的大流行の影響で開幕が遅れている2020年の開催カレンダーを調整し、全8戦の開催日程を発表した。

開幕戦は5月末にラトビアで開催されるラリーリエパヤ。一方、当初開幕戦として予定されていたポルトガルのアゾレスは9月に、第2戦に予定されていたスペインのカナリアスは12月にシーズン最終戦として開催される。

ERCプロモーターのユーロスポーツ・イベンツは、各国の主催者やFIAと連携して代替会期を調整。各戦の要望をすり合わせながらカレンダー構成に至った。当初、最終戦に予定されていたハンガリーは第7戦となるが、カナリアスも開催経験が豊富で2020シーズンのタイトル決戦としてふさわしいイベントだとしている。

ERCコーディネーターのジャン‐バティスト・レイは「開催の延期やイベントの日程調整は大混乱であったし、この時期に行う作業ではないことは明らかだ」とコメント。
「ラリーカナリアスの開催を可能にするために主催者が一丸となって状況を注視し続けながら、予定していたカレンダー全8戦を開催できるための日程を確保することができた。日程を変更することで影響を受けるERCの他のイベントのプロモーターも含め、ここに達するまでに尽力してくれた全ての方々に感謝している」

「シーズンの開幕が遅れたことで、状況が混乱し困難になるであろうことはもちろん承知しているが、シリーズに関わるドライバー、チーム、パートナーからは支持を得て、協力してくれている。これから迎えるイベントに向けて全力で準備を進めていかなくてはならないが、今シーズンも活力のあるERCになることを楽しみにしている」

最新の2020年ERCカレンダー(FIAの確認待ち)
第1戦 ラリーリエパヤ(ラトビア、グラベル) 5月29-31日
第2戦 ラリーポーランド(グラベル) 6月26-28日
第3戦 ラリーディローマ・キャピターレ(ターマック) 7月24-26日
第4戦 バルム・チェコラリー・ズリン(ターマック) 8月28-30日
第5戦 アゾレスラリー(グラベル) 9月17-19日**
第6戦 キプロスラリー(グラベル) 10月16-18日**
第7戦 ラリーハンガリー(ターマック) 11月6-8日
第8戦 ラリーイズラス・カナリアス(ターマック) 12月3-5日**
**日程はFIAの確認待ち

RALLY CARS