暖冬のラリースウェーデン、開催に向けて必死に準備中 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

暖冬のラリースウェーデン、開催に向けて必死に準備中

©TOYOTA

2月13日〜16日に予定されているWRC第2戦ラリースウェーデンは、スウェーデンのバームランド地方と、国境を越えたノルウェーでの開催に向けて、フルスピードで準備が進められている。季節外れの暖かさのなか、この先は気温が下がる予報が出ており、主催者はイベント前には道は凍り雪も降ると自信を見せている。

ラリースウェーデンのCEO、グレン・オルッソンは先週開催されたWRC開幕戦ラリーモンテカルロを訪れ、主要な出資者、FIA、WRCプロモーターのほか、マニュファクチャラーなどに現在のコンディションや、予測できることについて説明を行った。FIAとWRCプロモーターはいずれも、ラリースウェーデンの開催に向けて全面協力をする構えを見せたという。

「FIAやWRCプロモーターに対して、継続的に報告や説明を行っていく。天候が予報どおりになれば、予定どおりにイベントを行うことに一切の問題はない。天候は、残念ながらラリーの中でも我々がコントロールできない要素だが、我々主催者一同は、コンペティターとファンのために今年も素晴らしいラリースウェーデンとなるよう全力で準備を進めていく」とオルッソンは語っている。

ラリプラメンバーズ2020