MHのWorld Rally News:ミーク、次のキャリアはダカール? – RALLYPLUS.NET ラリープラス

MHのWorld Rally News:ミーク、次のキャリアはダカール?

©Martin Holmes Rallying

クリス・ミークは、WRCで過ごす時間はもう終わったとして、今年はサウジアラビアでダカールへの参戦を視野に入れている模様。ミークは「自分のキャリアのこの段階では、現実的に状況を受け入れなくてはならない。意味もなくドライブはしない」と語ったと伝えられている。

一方、ミークの元チームメイト、ヤリ−マティ・ラトバラは新しいコ・ドライバーとタッグを組むようだ。2020年WRC第2戦ラリースウェーデンでプライベート参戦のトヨタ・ヤリスWRCを駆るラトバラだが、コ・ドライバーには、元トヨタのワークスドライバーであるユホ・ハンニネンの名前が挙がっている。2年前にシートを失ったハンニネンは、その後も、ラトバラのテストパートナーとしてTOYOTA GAZOO Racingのプログラムに関わっていた。スウェーデンでは勝田貴元を含め、5台のヤリスWRCが登場することになる。

= = = =

予定を早めてWRCワークス参戦から撤退したシトロエン・レーシングだが、マッズ・オストベルグは2020年のWRCにシトロエンC3 R5で参戦する。2013、2014年にワークスドライバーを務めていたオストベルグは、この年、チームの最上位ドライバーだった。2020年はWRC2にC3 R5で8戦参戦。運営はPHスポールが行う。また、シトロエン・レーシングとしては、プライベーター対象のWRC3で6戦をサポート。ドライバーは、ヨアン・ロッセル。WRCではセバスチャン・ローブのエンジニアを長く担当したディディエ・クレメントが、シトロエン・レーシングのカスタマーコンペティションマネージャーを務める。

CITROEN RACING/AUSTRAL

ロッセル、ピエール-ルイ・ルーベ、アドリアン・フルモーは、フランスの自動車連盟、FFSAによるFFSAラリーチームとしてシーズンを戦う。フルモーのマシンはフォード・フィエスタR5となるが、ルーベのマシンはまだ確定していない。

FFSA


= = = =

ケニアでは、サファリラリーのサービスパークとなる新しい会場が発表され、ナイバシャの中心部に近いケニア・ワイルドライフサービストレーニング協会となった。ケニアの観光大臣は、国立公園の自然や環境システムへの影響は最小限になると見解を示している。観光庁の閣僚は、イベントによって得られた収益の一部は、国立公園の絶滅危惧種の保護や様々な環境プロジェクトに使われるとしている。
(Martin Holmes)



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!