アリスター・マクレーがダカール参戦 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

アリスター・マクレーがダカール参戦

 

 2011年APRCチャンピオンのアリスター・マクレーが、インドで行なわれたFIA表彰式から帰国した。FIAの年間表彰式がインドで開催されるのはこれが初めてのことだが、「ほんの少しの滞在だったけど、新しい国を訪れるというのはいつでもいいものだよ。表彰式はご想像どおり、本当に盛大なイベントだった」と感想を述べた。

 その一方で、エントリー締め切り直前のところで、来月に開催されるダカール2012への参戦が決まったことも明かした。マクレーのダカール参戦は2009年に続いて2回目。2009年と同様、オランダを拠点とする“チームプロダカールF1レーシングエナジードリンク”と再びタッグを組む。
 マシンは、前回使用したマクレーエンデューロ4×4をブラッシュアップ。現在のT1クラスに相当する。3リットルのディーゼルターボエンジンを搭載し、サスペンションとドライブトレーンは大幅に改良されている。マクレーの328号車にコ・ドライバーとして同乗するのは、オランダのマイケル・デ・グルート。

 さらに同チームは、オーナーであるクリス・レイズがトーマス・デ・ボワと参戦するほか(377号車)、ダカール初参戦となるドイツのステファニー・マンが、同イベントに参戦する11人の女性ドライバーのひとりとして登場。マンは、モトでダカール参戦の経験が豊富なジェラルド・リストとコンビを組む。さらに、ティム・コロネルが軽量バギー車両のマクレーバギー(347号車)で3回目のダカール参戦に挑戦。
 チームはこの4台体制で、2012年1月1日、アルゼンチン東岸のマル・デル・プラタでのスタートに臨む。



RALLY PLUS
RALLY PLUS