APRCチャイナ:タイトル候補のヤングがデイ離脱、レグ1トップはディウェイ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

APRCチャイナ:タイトル候補のヤングがデイ離脱、レグ1トップはディウェイ

©Mitsuru Kotake

APRCのタイトルをかけて争われる2019シーズンのファイナル、ラリーチャイナ龍遊が、10月25日に中国浙江省龍遊で開幕した。初日に1.82kmのスーパーSSを走行した後、26日から本格的な競技ステージでの走行が始まった。この日は、3SSを2ループする6SS・95.4kmのステージが設定され、ラリー北海道にも参戦した台湾のリン・ディウェイ(スバルXV)が首位に立った。

Lance Hastie / FIA APRC


グラベルラリーではあるが、半分以上に舗装セクションが盛り込まれる龍遊のステージ。この日は天候も不安定で路面にウェットが残るなど、トリッキーなコンディションとなった。

日本のクスコレーシング勢は厳しい滑り出しを迎えており、トヨタC-HRのマイケル・ヤングが電気系トラブルにより戦線離脱。また、クスコレーシングが開発したトヨタ・ヤリス4WDで参戦している小濱勇希は、SS2でコースアウトを喫している。一方、シトロエンDS3 R3 MAXの川名賢は総合2位、トヨタ・ヴィッツR1の大竹直生は総合5位・APRC部門4位と、パワーで勝るライバルを相手に奮闘を続けている。

ラリー最終日となるレグ2も、3SSを2ループする構成。6SSの総距離は123.60kmとなっている。

APRCラリーチャイナ 暫定結果(SS7終了時点)
1. リン・ディウェイ/レ・ケペン(スバルXV) 1:20:40.2
2.川名賢/保井隆宏(シトロエンDS3 R3 MAX) +3:38.5
3.アンドリュー・ホークスウッド/ジェフ・クレス(マツダ2 AP4) +4:35.9
4.大竹直生/竹下紀子(トヨタ・ヴィッツR1) +9:07.0
5.ジャック・ホークスウッド・アレックス・パーキン(マツダ2 AP4)+29:10.0
6.マイケル・ヤング/マルコム・リード(トヨタC-HR) +3:59:58.4
7.小濱勇希/藤田めぐみ(トヨタ・ヤリス4WD) +5:59:44.3



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!