織戸学、86で久万高原ラリーに参戦 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

織戸学、86で久万高原ラリーに参戦

 

新劇場版「頭文字D」製作委員会は、AE86のイメージでパンダカラーと赤黒カラーにラッピングした2台の86が、全日本ラリー選手権第2戦「久万高原ラリー」に参戦すると発表した。

ドライバーには、「頭文字D」の大ファンでありSUPER GTやD1グランプリでも活躍する織戸学と、もう1台はCUSCOジュニアラリーチームのドライバーでもある番場彬が担当する。

赤黒カラーの86
車名:モルフォ頭文字DサミーK186」
ドライバー:織戸 学
メンテナンス:K-one Racing Team

パンダカラーの86
車名:「藤原とうふ店(CUSCO用)86」
ドライバー:番場 彬
メンテナンス:CUSCO

映画作品が正式スポンサーとなったラッピングカーが公式競技に参戦するのは業界初という。当日は「パンダカラーの86」と「赤黒カラーの86」の赤白対決の勝敗を予想するキャンペーンも行う。応募方法などのキャンペーン詳細は、公式サイトにて後日発表される。



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY PLUS