TOYOTA GAZOO Racing、ダカールラリー2020に向けフェルナンド・アロンソと準備開始 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

TOYOTA GAZOO Racing、ダカールラリー2020に向けフェルナンド・アロンソと準備開始

©TOYOTA

FIA世界耐久選手権(WEC)2018-2019スーパーシーズンを成功のうちに終えたフェルナンド・アロンソとTOYOTA GAZOO Racingは、今後数か月に渡り協力を続け、ダカールラリー2020参戦予定のハイラックスで一連の走行テストを行うことを発表した。

自身の比類なきモータースポーツキャリアをさらに広げるための新たなチャレンジとして、アロンソは今後5か月間、TOYOTA GAZOO Racingのダカールラリーチームと連携し、過酷なラリーレイドに慣れるため、ヨーロッパ、アフリカ、中東でハイラックスでの走行トレーニングプログラムを実施する。

TOYOTA

ル・マン24時間レースで2度優勝し、FIA世界耐久選手権の現チャンピオンであり、F1の世界チャンピオンを2度獲得、またデイトナ24時間レースでも優勝したアロンソは、モータースポーツの中でも最も過酷なカテゴリーの一つであるダカールラリーに挑むためのオフロードドライビングスキルの向上を図るという。

8月20日から23日にかけてアフリカ南部の砂漠でテストを続け、9月13日から14日に開催される南アフリカのクロスカントリーシリーズ第5戦、2019ハリスミス400ラリーにて初の実戦に臨む。

TOYOTA

トヨタ車はダカールラリーで、ワークスチームだけでなくプライベーターからも長年愛用されており、今年初めに行われたダカールラリー2019では4輪部門の合計エントリー数の4分の1以上を占めた。また、カタール出身の前オリンピック選手であり、ラリーレイドの伝説的存在でもあるナッサー・アルーアティヤが駆ったハイラックスが、TOYOTA GAZOO Racingに初のダカールラリー総合優勝をもたらしている。

1978年に始まったダカールラリーは、南米に開催地が移り10年の素晴らしい時を過ごした。そして、2020年はサウジアラビアに開催地が移り、新たな開幕を迎える。

TOYOTA

チーム代表 グリン・ホール
「今年3月、ダカールラリーで優勝したハイラックスでフェルナンドと南アフリカでの2日間の走行テストを行いました。チームとフェルナンドにとって貴重な経験となりました。フェルナンドは、テストの間、十分に楽しんだだけでなく、ハンドルを握るたび、車に順応し、自らの走行を改善していきました。これはフェルナンドが前回のテストに対して、準備万端で臨み、またラリーに必要なことを吸収していった結果の現れです。ラリーレイドはフェルナンドにとって新しく、彼がこの挑戦に臨めるスキルと精神力を持っていると確信しており、また、ダカールラリー2019で総合優勝した我々は、フェルナンドと協力し、今後数か月に渡るラリーという競争の中での自信も築いていくことができると強く思っています」

フェルナンド・アロンソ
「TOYOTA GAZOO Racingと一緒に、また新たな冒険を続けられることを本当に楽しみにしています。2017年11月にトヨタのクルマを初めて運転して以来、2018-2019 WECスーパーシーズンでル・マン24時間レース2連覇、チームチャンピオンの獲得、更にチームメイトのセバスチャンと一貴と共にドライバーズタイトルを獲得することができました。今年初めにオフロードラリーの体験をして、ラリーカーに長く乗っていたい気持ちが残りました。サーキットレースとは全く異なることは分かっていましたが、前回のハイラックスでの走行テストは非常に有意義な経験でした。走行を重ねるごとに自信を持てるようになり、改善することができました。今後数か月間の走行トレーニングで、ハイラックスのことをさらに知り、チームと協力していけることを本当に楽しみにしています。私は様々なモータースポーツのカテゴリーで、常に新しい挑戦に挑んでいきたいと思っていて、今はそれを叶えてくれる素晴らしいチームにいると思っています」

TOYOTA

ワールドラリーカレンダー2020