フェルナンド・アロンソ、ダカールラリー優勝車両のハイラックスをテスト – RALLYPLUS.NET ラリープラス

フェルナンド・アロンソ、ダカールラリー優勝車両のハイラックスをテスト

©TOYOTA GAZOO Racing

TOYOTA GAZOO RaincgからWECに参戦するフェルナンド・アロンソは、南アフリカのカラハリ砂漠にて行われた2日間の非公開テストに参加した。

今回のテストは、将来の挑戦カテゴリーを幅広く検討しているアロンソに、ラリーレイド競技を体験する機会を提供しようと、「TOYOTA GAZOO Racing South Africa」が準備したもの。ダカール・ラリーで優勝経験もあるジニエル・ド・ヴィリエールがコーチ役を務めた。

アロンソが駆ったハイラックスは、今年の1月にナッサー・アル-アティヤとマシュー・バウメルのコンビにより、2019年ダカール・ラリーにてトヨタ初の四輪部門総合優勝を果たしたクルマで、搭載された5リッターV8エンジンは385馬力と628Nmのトルクを発生する。アロンソは砂漠に設定された8kmと17kmの2つのコースで砂漠走行の経験を積んだ。

TOYOTA GAZOO Racing

フェルナンド・アロンソ
「今年のダカール・ラリーは開催期間中に結果をチェックしていましたし、南アフリカに来て、そのダカール・ラリーで優勝したハイラックスを運転する機会を与えてくれたTOYOTA GAZOO Racingに感謝します。最近数年は、様々なカテゴリーのクルマをテストしてきましたが、今回も素晴らしい機会となりました。とても楽しかったです。これまでに運転してきたどんなクルマとも違い、とても興味深かったです。テストでは、周回ごとに学びながら、少しずつ速度を上げていきました。路面の凹凸を読んで、どの程度の速度で走り超えるべきかの判断は簡単ではありませんでしたが、超えるたびに自信を深めることができました。ハイラックスは素晴らしいクルマです。グリップ力とバランスが良く、エンジンはパワフルで、ブレーキ性能も素晴らしいです。このクルマの運転をすることは信じられない感覚でした」

グリン・ホール(TOYOTA GAZOO Racing South Africaチーム代表)
「フェルナンドほどの技量を持ったドライバーとテストすることは、我々チームにとって、とても素晴らしい経験となりました。彼がこれまでサーキットレースで成功してきた理由がよくわかりました。彼はこのテストの事前準備を入念に行って参加し、2日間の限られた時間で最大限の学びを得ようと非常に努力していました。ラリーレイド競技はフェルナンドがこれまで成功してきたサーキットレースとは完全に異なるモータースポーツですが、テストの間、とても楽しんでいるようでした。彼が南アフリカでハイラックスをテストすることを選んでくれたことを誇りに思うとともに、この経験が彼にとって、貴重なものとなることを願っています」

ワールドラリーカレンダー2020