シトロエン、エストニア参戦のラッピにフルスケールのテスト敢行 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

シトロエン、エストニア参戦のラッピにフルスケールのテスト敢行

©Red Bull

WRCプロモーショナルイベントとして今週開催されるラリーエストニア(7月12-14日、グラベル)にエサペッカ・ラッピをエントリーさせるシトロエンは、同イベントに向けて通常のWRCレベルの本格テストを行った事を明かした。ラリーエストニアは、WRCフィンランド(8月1-4日)とステージの性格が類似していることから準備参戦としての位置づけも大きく、シトロエン自体もこのテストがフィンランド戦に向けてシリーズのブレイク期間を活用したプリペアの一環と明言している。

WRCの前戦サルディニアと次戦フィンランドとでは、平均速度が時速30km上がるとシトロエンは試算。さらにフィンランドでは名物の連続ジャンプも特徴だ。シトロエンは、2017年のフィンランドで衝撃の母国優勝を果たしているラッピに、このテストとラリーエストニアの参戦で速度感をつかませるとともにC3 WRCのセッティング作業も行い、今年のフィンランド戦に向けて万全の体制を築く構え。シトロエンは2012年、2018年もラリーエストニアに参戦し、フィンランドの準備として活用している。

このラリーエストニアには、WRCで戦う他のマニュファクチャラーからも少なくとも1組を参戦させており、注目が集まっている。エストニアの南東部、オテパアを拠点に、13日と14日に計15SS・151.98kmが設定。最終ステージは、同国第2の都市、タルトゥで行われる。

ラリーエストニアの開幕に向けてテストを終えたラッピは「ラリーフィンランドでは、ゆったりと戦況を観察できる余裕はない。それぞれの差はとても小さいので、スタートから全開で攻めて行かなくてはならない。フィンランドは、自分にとってとても思い入れのあるイベントなので、エストニアの参戦でしっかり準備を整えたい。エストニアの後にもテストが予定されているからね。2014年にエストニアに参戦した時(5位でフィニッシュ)には、たくさんのファンが応援してくれた。とてもいい思い出だよ」



RALLY CARS