勝田貴元、ヤリスWRCでドイツとスペインに出場決定 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

勝田貴元、ヤリスWRCでドイツとスペインに出場決定

©TOYOTA

TOYOTA GAZOO Racingは、現在ラリーチャレンジプログラムでWRC2に出場している勝田貴元がWRC第10戦ドイツ、第13戦スペインにヤリスWRCで出場することを発表した(写真は2019年フィンランドラリー選手権、リーヒマキラリーでのもの)。

今シーズン前半戦での成長度合いを鑑み、シーズン後半の活動内容を「日本人WRCドライバーの誕生」という目標の早期達成を狙うものに見直すとのことだ。

プレスリリースにおいて勝田は「まずサポートしてくださった皆様に感謝の気持ちをお伝えしたいです。4年前ラリーに転向してから、将来WRCワールドチャンピオンを獲ることを考えてラリーに取り組んできました。良いこともあれば、悔しかったこと、苦しかったことも沢山ありました。本当に多くの方にサポートいただき、このたび大きな一歩を踏み出すことができます。ですが、僕にとってのゴールはここではありません。今年ヤリスWRCに乗ってから徐々に手応えをつかみつつあります。近い将来WRCトップカテゴリーで戦うためにも、今は焦らず着実に経験を積み、このチャンスを無駄にしないよう、一戦一戦成長していきます。まだまだ夢へ向けてやるべきことは多いですが、必ず最後までやり切りますので、今後とも応援のほどよろしくお願い致します」とコメントしている。

また、プログラムを監修するトミ・マキネンは次のようにリリース内でコメントしている。
「勝田は今シーズンここまで良い結果を残しています。WRC2クラスで戦うなかで、ドライビング技術の向上と、一貫性を持つことに成長を見せています。ヤリスWRCで初めて参戦したフィンランドラリー選手権でもしっかりと走りました。このような彼の成長を見て、次のステップへの準備は整っていると判断しました。そこで、さらなる成長の促進を図るため、WRCトップカテゴリー2戦に出場する機会を与えます。勝田はドイチェランドでのラリーは初めてですし、スペインはグラベルとターマックで構成されるラリーですので、とても大きな挑戦になります。そのため、結果を追うことを目標とはせず、ドライビング技術の向上と、参戦を通して様々なことを学ぶことを優先させます」

今後の参戦スケジュールは以下のとおり。7月のラリーエストニアには新型フォード・フィエスタR5での出場となる。

■2019年参戦予定スケジュール
7月12-14日 エストニア フォード・フィエスタR5
8月1-4日 フィンランド(WRC2) フォード・フィエスタR5
8月22-25日 ドイチェランド(WRC) ヤリスWRC
10月3-6日 グレートブリテン(WRC2) フォード・フィエスタR5
10月24-27日 スペイン(WRC) ヤリスWRC
※参戦内容は場合によって変更される場合もある。



RALLY PLUS