昨年覇者のヒュンダイ、WRCポルトガル連覇を狙う – RALLYPLUS.NET ラリープラス

昨年覇者のヒュンダイ、WRCポルトガル連覇を狙う

©Hyundai Motorsport GmbH

WRCマニュファクチャラーズ選手権で首位に立つヒュンダイは、今週末のWRCポルトガルではイベント連覇を目指す。

昨年のポルトガルでは、総合優勝を飾ったティエリー・ヌービル。前戦チリでは大クラッシュを喫してリタイアを余儀なくされたが、すぐにポルトガル向けテストにも参加しており、復調とともにイベント連覇を狙う。「ここ2年、ポルトガルでは好結果をマークしている」と語るヌービルは、2017年のポルトガルも2位でフィニッシュしている。
「とても厳しいラリーで、リピート走行では轍がとても深く掘れてしまう。これでより難しくなるし、特に速度域が高いのでマシンの挙動が予想できない時もある。これがこのラリーの特徴でもあるし、とても楽しいチャレンジだ。チリでリタイアしたことでドライバーズ選手権では順位を落としたが、体は万全で戦える状態になっている。マニュファクチャラーズ選手権のタイトル争いのためにもチームをサポートしていきたい」

チームメイトのダニ・ソルドも、2017年のポルトガルでは3位に入っている。「ポルトガルは、自分たちにとっても特にいいイベント。母国のスペインから、たくさん応援に来てくれるからね」とソルド。
「素晴らしい雰囲気なので、ドライブするのも楽しい。前戦のアルゼンチンから間が空いたので、今回のラリーの準備は万端だ。自分のターゲットは優勝争いをすること。そして、マニュファクチャラーズ選手権争いのために、できるだけ多くのポイントを持ち帰ることだ」

一方、既報通りチームは、ポルトガル戦に予定していたアンドレアス・ミケルセンに代えて、セバスチャン・ローブを起用した。前戦チリで、ヒュンダイからのエントリーでは初めてポディウムに上がったローブは「ポルトガルの参戦は予想していなかったボーナスだが、心から楽しみにしている」と語る。
「チリではi20クーペWRCのフィーリングがとてもよかったので、ポディウムに上がることができた。ポルトガルは新しい試練が待っているし、新しいステージもある。チリと同じようなリズムをすぐにつかんで、いい戦いをしたいね」



RALLY PLUS