STI設立30周年記念イベント「STI MOTORSPORT DAY」は大盛況のうちに終了 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

STI設立30周年記念イベント「STI MOTORSPORT DAY」は大盛況のうちに終了

©RALLY PLUS

3月10日、富士スピードウェイにてSTI設立30周年を記念したイベント「STI MOTORSPORT DAY」が開催され、多くのスバルファンが訪れた。

2019年のSUPER GTに参戦するSUBARU BRZ GT300、同じく2019年のニュルブルクリンク24時間レースに参戦するWRX STIのテストを一般公開したほか、SUPER GTやニュルブルクリンク24時間レースの体制発表、ドライバーや監督のトークショー、各企業ブースでのグッズ販売、全日本ラリー選手権やTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceのドライバーによる同乗走行など、様々なイベントが催された。

RALLY PLUS

一般公開テストにおいては、ギャラリーはピット内での作業だけでなく、ピットウォールまで出て走行シーンの見学ができるというファン垂涎の内容。テストそのものは大きなトラブルもなく無事に終了した。このテストのために来日したカルロ・ヴァンダムやティム・シュリックも手応えを得たようだ。イベント前の金曜日から3日間を通じてトレーニングに励んできた8名のディーラーメカニックたちも本戦への思いを強くしたことだろう。

RALLY PLUS

その後は2016年のニュルブルクリンク出場車にサイドシートを取り付けたスペシャル同乗走行が行われ、BRZ GT300を先頭に、NBR車両の2台、デトロイトモーターショーで発表されたコンプリートカー『S209』、全日本ラリー選手権に参戦するWRX STI 3台と、TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ RaceのBRZ 2台がパレードラン。最後は全車パドックにマシンを止め、全ドライバーと監督、STI平川良夫社長が登壇してのフィナーレとなった。

RALLY PLUS