WRCスウェーデン:ヌービル「スノーというよりグラベルラリー」デイ2コメント集  – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスウェーデン:ヌービル「スノーというよりグラベルラリー」デイ2コメント集 

©Hyundai Motorsport GmbH

ラリースウェーデン、デイ2終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。シーズン唯一のフルスノーラリー、林道ステージの初日は再走ループでかなりのグラベルやマッドが路面に出てきた。昨年は初日の走行順が早い状況からこのラリーを制したティエリー・ヌービルも、どんどんスタッドがなくなるトリッキーなコンディションに苦戦を強いられた。

[Mスポーツ・フォードWRT] フォード・フィエスタWRC
■テーム・スニネン/総合首位

M-Sport

「初めて参戦するラリーで首位に立つのは、信じられない気分。大きなミスもせず、一日を通してとてもいいペースを築けたので、満足していいと思う。最終ステージ(SS8)でライトの小さなミスをしたことだけが残念だが、それがなければリードは10秒以上になっていたかもしれない! マシンのフィーリングはいいし、チーム全体がマシンをさらによくしようとプッシュしてくれていた。もちろん最速で走ることを目指しているが、難しいコンディションがまだ2日間も残っていることを忘れてはならない。ドライビングに集中を続けなくては」

■エルフィン・エバンス/総合4位

M-Sport

「最高の滑り出しとはいかず、今日最初のステージ(SS2)でスピンしたことが残念。3本目(SS4)までには立て直し、そこからは流れが良くなりステージウインも2本取れた。午後はとてもいい流れで、4番手まで順位を上げられたので、明日何ができるか考えていく」

■ポンタス・ティデマンド/総合9位

M-Sport

「午前は少しトラブルがあったが、午後はマシンの動きはよくなったし自分のドライビングにもハッピー。上位はとても速く、自分はまだたくさんのことを学ばなくてはならない。今晩、ここまでの内容を振り返り、どうすればよくなるかを考えていきたい」

[トヨタ・ガズーレーシングWRT] トヨタ・ヤリスWRC
■オィット・タナック/総合2位

Toyota Gazoo Racing WRC

「午前はとても楽しめた。コンディションは最高で、とにかくドライビングをすることがうれしかった。午後は真逆だったが、ラリースウェーデンでは当たり前。とにかく生き残って走り切るだけだった。最後のステージでは、首位との差を詰めようとプッシュした。雪が深く、タイヤはスタッドがあまり残っていなかったので簡単なステージではなかったし、ヒヤリとする場面も何度かあった。今日は、出来る限りを尽くせたと思うし、明日も同じようなコンディションになると思う」

■クリス・ミーク/総合8位

Toyota Gazoo Racing WRC

「午前はペースをつかむのに苦戦したが、午後のループを通してよくなっていった。コンディションは本当にタフだった。今の段階では、ラリーGBのようにマッドだらけで、その後に深いぬかるみが出てくる。残念ながらあるステージのスタートでストールさせてしまい順位を3つ下げてしまったので、明日の走行順も3つ変わる。でも、まだ先は長いし明日も複雑なコンディションになると思うので、どうなるか見ていきたい」

■ヤリ‐マティ・ラトバラ/SS8でデイリタイア

Toyota Gazoo Racing WRC

「今日は、ほとんどいい一日だった。マシンはとても運転しやすかったし、テーム・スニネンとのビッグバトルを楽しんでいた。グラベルの轍ができてきた時は、かなり使ったタイヤでも問題なかったが、最後のステージは氷で路面の上に雪がたくさん乗っていた。減ってきたタイヤであのコンディションに対し、ハードにプッシュし過ぎてしまった。今は、明日ラリーに戻って、ドライビングのフィーリングをつかむことが重要だ」

[ヒュンダイ・モータースポーツ] ヒュンダイi20クーペ WRC
■アンドレアス・ミケルセン/総合3位

Hyundai Motorsport GmbH

「厳しい初日を総合3番手で終えられたのは、自分の状況を考えれば満足のいく順位。このコンディションでプッシュする余裕を感じるのは難しかった。タイヤをうまく管理できたので最後のステージでは攻めることが出来たが、それでもかなりスタッドがなくなった。午前中はステージが終わる度に、いいリズムをつかんで自分たちの走行順を最大限に活かすために調整を行った。ノルウェーをドライブして地元の応援を受けるのは、いつも通りに素晴らしかった。明日はまた別の日。ポディウムフィニッシュすることに専念していく」

■セバスチャン・ローブ/総合6位

Hyundai Motorsport GmbH

「改良点を見つけるために集中する一日だった。午前はいいリズムをつかむことができなかった。ここのステージではこのマシンはとても速く、絶対に自信を持っていなくてはならない。コーナーの度に理想的な進入速度を出すためには、マシンのグリップを信用できなくてはならない。ステージを走る度に自分の自信も高まっていった。タイムロスを取り戻そうとしながら、賢明なドライビングでミスをしないように心がけていた。明日は、さらにペースを上げていきたい」

■ティエリー・ヌービル/総合7位
「走行順が早かったので、午前中は少し慎重になりすぎた感じがある。後続の中には、とても速かった者もいた。日中サービスではうまく調整ができたが、午後の滑り出しは思ったようには進まなかった。コンディションは、スノーというよりもグラベルラリーのような感じだった。残念ながら雪壁にヒットしスピンしたことでダメージを負い、その後の走りに影響が出た。フロントのエアロを失ったことで、とにかく優しくドライビングしなくてはならなかった。明日は、もう少しまともなパフォーマンスで、挽回を目指したい」

[シトロエン・トタルWRT] シトロエンC3 WRC
■エサペッカ・ラッピ/総合5位
「難しい一日だった。クルーの間でいくつかミスがあったし、自分にもミスがあった。それでも、今日を終えられた内容と、このステージでC3 WRCをコントロールしたことには満足している。レッキでは、明日のステージは今日の競技よりもアイスが少なかったので、かなりグラベルやマッドが出てくると予想している。スタッドをさらに労らなくてはならないが、ここまでのようにプッシュも続けていく」

■セバスチャン・オジエ/SS6でデイリタイア

Citroen

「午前はいいループだった。でも、ここでは2ループ目がいつもトリッキーになることは分かっていた。特に、走行順が1番手にとってはね。雪壁にわずかに当てただけだったが、スタックしてしまった。周囲に観客がいなかったので、抜け出すことができなかった」



RALLY PLUS