勝田貴元、2019年はヤリスWRCでフィンランド選手権2戦と、フィエスタR5でWRC12戦に参戦 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

勝田貴元、2019年はヤリスWRCでフィンランド選手権2戦と、フィエスタR5でWRC12戦に参戦

©TOYOTA

TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムの育成ドライバーとして、2019年も引き続きトミ・マキネン・レーシングで研鑽を積むことが決まっている勝田貴元。年の瀬も迫った12月19日、勝田の参戦プログラムについて詳細が明らかにされた。さらなるレベルアップを図り、WRCラウンドへの参戦を12戦に拡大、さらにフィンランドラリー選手権にも2戦出場するという。勝田のコ・ドライバーは、2016年にもコンビを組んでいたダニエル・バリットが務める。バリット自身もMスポーツ・フォードに在籍し、エルフィン・エバンスとのコンビでWRC総合優勝を経験しているほか、6連覇王者セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシアのラリーへの取り組み方を間近で見てきている。これからトップへの階段を登り始める勝田にとって、これ以上心強い味方はいないだろう。

勝田は開幕戦のモンテカルロから、WRC計12戦にフォード・フィエスタR5で出場する。第3戦メキシコと第14戦オーストラリアには出場しないが、経験を積むためチームに帯同してレッキなどには参加する予定だという。そしてフィンランドラリー選手権2戦にはヤリスWRCでエントリーする。これまでヤリスWRCのテストに参加することはあっても、実際の競技に参戦するのは初めてのこと。実戦の場でしか得ることのできない感覚や特性は、わずか2戦といえど勝田に大きなベネフィットをもたらすはずだ。

勝田は来たるべきシーズンに向け、リリースの中で次のようにコメントしている。
「プログラムも強化され、これまで以上に厳しい世界が待っていますが、限界までやり切る覚悟とともに、さらに大きく成長できるという自信を持って臨みます。2019年は将来への準備と言う意味も含め、1戦1戦着実に、次につながるラリーを心がけます」

TOYOTA

プログラム監修を務めるトミ・マキネン。これまで勝田の成長を間近で見てきただけに、寄せる期待もひとしおだ。
「勝田はこの3年半で目覚ましい成長を遂げました。2019年はWRCでこれまで以上に高いレベルで競争するとともに、ヤリスWRCでフィンランドラリー選手権に参戦し、WRカーに慣れる機会も与えます。来季の目標はプロのWRCドライバーにステップアップすること。初戦はプレッシャーなく参戦させ、WRC2選手権争いへの参加は第2戦のスウェーデンからを予定しています」

TOYOTA

2019年の年明けには再びフィンランドへと渡り、研鑽を積む日々を送る勝田。トップカテゴリーへの挑戦を見据えて、1年をどう戦うか。新たなるステージに挑む勝田の戦いぶりに注目してほしい。

ワールドラリーカレンダー2020