WRCスペイン:デイ2を終えてタナクが総合首位に浮上、ラトバラも3本のSSベストタイムで5位 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスペイン:デイ2を終えてタナクが総合首位に浮上、ラトバラも3本のSSベストタイムで5位

©TOYOTA

10月26日(金)、2018年FIA世界ラリー選手権(WRC)第12戦ラリースペインの競技2日目がスペインのサロウを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオット・タナク/マルティン・ヤルヴェオヤ組が首位に立った。ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組は総合5位に、エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組は総合10位につけ、ヤリスWRCは全車がデイ2を走破した。

ラリースペインのデイ2は、サロウの西側で6本計144.88kmのSSが行われた。ステージの多くはグラベルで、ラリーカーのセットアップもグラベル仕様。しかし、ロングステージの途中にはターマック路面も含まれるなど、複雑な路面構成の1日だった。前日に行われたバルセロナ市街地でのSS1で総合3位につけたタナクは、デイ2オープニングのSS2でベストタイムを記録し総合2位に浮上。SS3では、ラトバラに続くセカンドベストタイムをマークし、首位に立った。以降、タナクは安定して上位のタイムを刻み続け、2位に26.8秒差をつけてトップでデイ2を終えた。

ラトバラはSS3が終了した時点で総合2位につけたが、SS4で左後輪のパンクにより約50秒をロス。総合10位まで順位を落としてしまう。それでも、その後SSベストタイムを2回マークするなど、総合5位まで順位を回復している。総合2位との差は11秒弱となっており、十分に表彰台を狙える位置につけている。

ラッピにとっては困難な1日となった。順位こそ総合10位に留まったものの、デイ2最後のSS7では4番手タイムを記録。9位のティエリー・ヌービル(ヒュンダイ)とのタイム差は僅差であり、明日から始まるターマックステージに向けて気持ちを新たにしている。

トミ・マキネン(チーム代表)
「今日もオットは強さを証明し、彼にとっては本当に素晴らしい1日になりました。ドライバーズタイトル争いは依然続いていますし、3人のドライバーによる戦いはとてもエキサイティングです。また、ヤリ-マティもとても良い走りをしていました。パンクはアンラッキーでしたが、それさえなければきっとラリーをリードしていたでしょう。彼は十分に自信を持っていますし、依然として良い位置につけています。エサペッカにとっては困難な1日となりましたが、彼は明日のターマックステージを楽しみにしています。明日は降雨の可能性がかなり高いようですが、事前のテストではウェットコンディションでも良いテストが出来ていますので、自信を持っています」

ヤリ-マティ・ラトバラ
「今日は初めからクルマとドライビングに良いフィーリングを感じていました。最初の2本のステージは上手く行き、3本目のステージも過去に苦労したターマック区間が途中にありながら、上手く走れました。それなのにパンクをしてしまいとてもフラストレーションが溜まりました。しかし、すぐに気持ちを切り替え、午後も同じスピードを維持することができました。あまり考え過ぎずに、思い通りに運転できるのことは良い事だと思います」

TOYOTA

オット・タナク
「全体的には良い1日だったと言えるでしょう。特に、多くのドライバーが自分より後方の出走順で、良い路面コンディションで走っていた事を考えればなおさらです。朝のステージは良いリズムで走れ、特に最初の2本は流れるようにスムーズな走りをできました。そして午後も最初のステージは本当に良いフィーリングで、続くステージではその良い感覚が少し失われましたが、それでも攻め続ける事ができたので、十分なギャップを築けました。とはいえ、ラリーはまだ終わっていません。明日から新たなるラリーが始まるようなものです。しかも、どうやらウェットコンディションになりそうなので、気を引き締めて臨まなくてはなりません」

エサペッカ・ラッピ
「正直に言うと、とても大変な1日でした。いくつか小さな問題が起こりましたが、それでも戦い続ける事ができているのが重要です。今日の最後のステージでは、すべてが正しい状態にあれば良いタイムが出せる事を証明できたと思いますが、まだまだ改善すべき点もあります。明日からはターマックのステージが始まりとても楽しみです。雨により条件がかなり難しくなると予想され、私はそのような路面コンディションでここスペインのステージを走った事がありません。しかし、とにかく頑張りたい」

TOYOTA

ラリースペイン デイ2の結果
1. オット・タナク/マルティン・ヤルヴェオヤ(トヨタ・ヤリスWRC)1:34:27.4
2. ダニ・ソルド/カルロス・デル・バリオ(ヒュンダイi20クーペWRC) +26.8
3. エルフィン・エバンス/ダニエル・バリット(フォード・フィエスタWRC) +29.7
4. セバスチャン・ローブ/ダニエル・エレナ(シトロエンC3 WRC) +30.2
5. ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ(トヨタ・ヤリスWRC) +37.6
6. アンドレアス・ミケルセン/アンダース・ジーガー(ヒュンダイi20クーペWRC) +39.1
7. セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア(フォード・フィエスタWRC) +39.4
8. クレイグ・ブリーン/スコット・マーティン(シトロエンC3 WRC) +44.7
9. ティエリー・ヌービル/ニコラ・ジルソール(ヒュンダイi20クーペWRC) +59.7
10. エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム(トヨタ・ヤリスWRC) +1:07.4



RALLY CARS