Mスポーツ・フォードのオジエ、緊迫の選手権争いにWRCスペインで必勝体制 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

Mスポーツ・フォードのオジエ、緊迫の選手権争いにWRCスペインで必勝体制

©M-Sport

今季WRC第12戦となる今週のスペイン戦。ドライバーズ選手権首位に7ポイント差の2位につけるセバスチャン・オジエを擁するMスポーツ・フォードは、オジエの6度目のWRCタイトル獲得に向けて、全面サポートの構えを見せる。

チーム代表のマルコム・ウィルソンは
「スペイン戦を前に、選手権の戦いはこれ以上ないほどの接戦となっている。このような激しいバトルは、久しぶりだ」とコメント。
「チームは一丸となって、セバスチャンとジュリアンの6度目のタイトル獲得に向けて万全の体制でプッシュできるように、必死で取り組んでいる」

そのオジエは、前戦ウェールズでコルシカ以来となる優勝をマーク。スペインには過去10回参戦しており、2013年、2014年、2016年を勝利で飾っている。
「ウェールズで勝利を飾り、選手権争いでも差を7ポイントに詰めることに成功し、いい流れでスペインを迎える。残りは2戦、タイトルレースは本当に熱くなっている。自分たちのタイトルを守りたいなら、次も好リザルトを収めなくてはならない」とオジエ。

「戦いはすごくエキサイティングになっているし、いつも楽しめているこのイベントを楽しみにしている。このラリーは2つの路面を戦う、カレンダーの中でも独特の存在。路面が変わってから、すぐに自分が対応できるようにしなくてはならない。サロウでは毎年、熱烈な応援が待っているので、自分のモチベーションもさらに高まる。僕たちが全力を尽くす走りをすることを、みんなが期待してくれている」

一方、母国のGB戦は悔しい結果となったエルフィン・エバンスは、悪い流れをスペインで立ち切りたいところだ。
「スペインでは、絶対にいいリザルトを収めるという決意で臨む。今年はなかなか運に恵まれないが速さはあるので、シーズンの終盤を好リザルトで締めくくりたい」とエバンス。
「シーズン唯一のミックスイベント。かなり戦略的に攻めなくてはならないラリー。自分たちは、グラベルの金曜日でビッグプッシュをかけていく。残りの舗装は、サーキットのような場所もあるからね!」

若手のテーム・スニネンは、フィエスタR5で参戦した昨年のスペインでWRC2部門優勝を飾っている。4度目のスペイン戦だが、このミックス路面のイベントにWRカーで挑むのは初めて。ここまで学んできたことを好リザルトにつなげることを目指す。
「2015年にデビューして以来、スペインは毎年参戦しているが、大好きなイベント。初めてWRカーであのステージにアタックするのを楽しみにしている」とスニネン。
「スペインの舗装路でテストを行ったが、マシンはすぐにいいフィーリングが得られた。こういうタイプの舗装でのセッティングはかなり独特で、サーキットのように攻められる。グラベルはかなりナローで、ポルトガルと似ている。好リザルトを狙いたければ固い決意が必要なラリーだが、自分たちはポジティブなリザルトを収められるように挑んで行く」



RALLY PLUS