トヨタ、WRカーのサービス拠点をエストニアに開設 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

トヨタ、WRカーのサービス拠点をエストニアに開設

©Toyota Gazoo Racing WRC

TOYOTA GAZOO Racing WRTが、エストニアに新しいファクトリーを開設した。WRCドイツ戦以降は、WRカーのサービス作業はここに集約されるという。

この新しいワークショップは、エストニアの首都タリンの中心部から8kmほどの距離にあり、WRC戦が終わる毎に行うマシンのリビルト作業がここで行われる。WRCドイツ戦後は、3台のヤリスWRCが初めてタリンのワークショップに持ち込まれた。チーム代表のトミ・マキネンは、WRCの運営作業を分割することで、チームの移動時間が節約されスケジュールにも余裕が生まれるという。
「ヨーロッパ戦遠征のことを考えると、タリンは我々にとって完璧な立地。(フィンランドから)フェリーを使わず、陸路で移動できるからね」とマキネン。
「フィンランドで行うよりも早く、リビルト作業を開始することができる。また、新しいプロジェクトのためにフィンランドにはもっとスペースが必要になっているので、タリンにも拠点を構えることでスペースを2倍使えることになる」

オット・タナク、ヤリ‐マティ・ラトバラ、エサペッカ・ラッピが使用するマシンのメンテナンスやリビルト作業がエストニアで行われる一方で、マキネンが行うその他の運営作業はフィンランドのプーポラが引き続き拠点となる。

「製品開発、テスト、本部、手続き作業などはフィンランドで行い、エストニアでは現状はラリー車のサービス作業に専念する。エストニアではほとんどが新たに雇用したスタッフで対応し、フィンランドで雇用したスタッフは、そのままフィンランドに留まる」



ワールドラリーカレンダー2019