スバル・ラリーチームUSA、チームメイト同士の激戦を展開したオジブウェに再び挑む – RALLYPLUS.NET ラリープラス

スバル・ラリーチームUSA、チームメイト同士の激戦を展開したオジブウェに再び挑む

©subaru.com/rally

スバル・ラリーチームUSAは今週末、アメリカン・ラリー・アソシエーション(ARA)選手権第5戦オジブウェフォレストラリー(8月24‐25日)に挑む。

今季のARAはここまで4戦が終わり、残すは3戦。米国ミネソタ州デトロイトレイクで開催するこのイベントでは昨年、チームのトラビス・パストラーナとデビッド・ヒギンズが激戦を展開した。今季はパストラーナがニトロサーカスの活動スケジュールの都合で全戦参戦できないことから、ヒギンズは選手権で大差をつけて首位に立っている。

ステージはサンディな場所もあり、テクニカルでダスティになることが多い。ヒギンズもパストラーナも、それぞれ何度も勝利を重ねたこのイベント。今年も両者のバトルは注目を集めることになりそうだ。

#75スバルWRX STIを駆るヒギンズは「このイベントはいつも強く戦えてきているし、大好きなイベント。少しフィンランドにも似ているサンディな高速ステージでは、リズムに乗れてスピードを上げていける」とコメント。

一方のパストラーナは、スバルWRX STIに#1を背負う。
「オジブウェは、過去4勝しているが、リタイアも3回ある。砂でペースがスローになってしまうこともあり、ハードにプッシュできる自信を阻んでしまう。長いラリーになるが、フルアタックで挑んでいくよ!」



ワールドラリーカレンダー2019