足立さやか、フィンランドラリー選手権第3戦を5位完走 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

足立さやか、フィンランドラリー選手権第3戦を5位完走

©TOYOTA

TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムの育成コ・ドライバーである足立さやかが、3月3日に開催されたフィンランドラリー選手権第3戦Ouneva Group SM Itäralliにドライバーのヤルコ・ニカラとともに参戦し、総合5位で完走を果たした。

フィンランド東部の街、ヨエンスーで行われたラリーは、同選手権のなかで今シーズン最後のフルスノーラリー。非常に高速なラリーとして知られており、高いテクニックが要求される。ニカラ/足立組は、ライバルたちがR5車両で参戦するなか、R4車両をベースとするスバル・インプレッサWRX STIで、6SS、計101.26kmの難ステージに挑んだ。

終始安定した走りを貫いたニカラ/足立組は、SS5終了時点で6位につける。最終のSS6では4番手タイムを記録して順位を一つ上げ、5位でラリーを終えた。

TOYOTA

足立さやか
「今回のラリーはスピードがとても速く、大きなジャンプやクレスト、短いコーナーが多くあり、コ・ドライバーにとってはとても難しいラリーでした。そのためスタート前は少し緊張しましたが、とても良いラリーになりました。車両が前回のラリースウェーデンで使用したR5車両から再びR4ベース車両に戻ったため、ペースノートのリーディングのタイミングを心配していましたが、的確に合わせることができ自信がつきました。一番難しかったのは今回最長ステージであったSS4で、表現が複雑なセクションがあり、少しリーディングが遅れてしまいました。最終ステージでも1カ所読み遅れてしまったコーナーがありましたが、ヤルコも私もとても集中しており、よい結果が出せました。まだまだ学ぶことは多いですが、参戦するたびに成長できていると思います」

ヤルコ・ニカラ

TOYOTA

「フィンランド選手権の中でも一番難しいと思われるラリーでこの結果が出せたことをうれしく思います。ラリースウェーデンの後、ノートをより理解しやすくするためにフィンランド語の表現を少し増やしたのですが、それがとてもうまく機能し、終始プッシュし続けることができました。特に最終ステージでは1.7秒あった前の車との差を詰めて逆転に成功しました。サヤカは数回読み遅れがあっただけで、とても良い仕事をしてくれました。我々のコンビネーションは非常にうまくいっています」

ヨウニ・アンプヤ(チーフインストラクター)
「このラリーはラリーフィンランドのステージと似たハイスピードジャンプやクレストが多く、フィンランドの中でも最も難しいラリーで、トップと1分差というのは二人が達成し得たベストな結果だと思います。SS4ではリズムを見つけるのに苦戦したようですが、超高速のため仕方ないことで、全体としてはポジティブなフィードバックを得ることができました。二人にとってこの冬は非常に多くの経験を得ることができたシーズンでした。ラップランドラリーやラリースウェーデンのような長丁場のラリーは足立にとってナビゲーションのよい勉強になりましたし、ミスも回を重ねる度に減ってきており、とてもよい方向に進んでいると思います」

足立の次戦は、TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムに参加中の勝田貴元、新井大輝とともに、3月23-24日に開催されるイタリアラリー選手権第1戦となる。中央イタリアのトスカーナ地方で行われるターマックラリーで、勝田、新井は、フォード・フィエスタR5で、ニカラ/足立組はフォード・フィエスタR2で参戦する。

フィンランドラリー選手権第3戦 結果
1. Eerik Pietarinen/Juhana Raitanen (Skoda Fabia R5) 49:10.0
2. Teemu Asunmaa/Ville Mannisenmäki (Skoda Fabia R5) +10.7
3. Nikolay Gryazin /Yaroslav Fedorov (Skoda Fabia R5) +24.7
4. Marko Mänty /Joni Mäkelä (Skoda Fabia R5) +32.5
5. ヤルコ・ニカラ/足立さやか (Subaru Impreza WRX STI) +59.0

ワールドラリーカレンダー2019