オジエとミケルセンがファフェスプリントに登場 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

オジエとミケルセンがファフェスプリントに登場

 

 4月11日に開幕するWRC第4戦ラリーポルトガルの前座イベントとして、6日にはファフェ・ラリースプリントが開催される。これまでWRCイベントのSSとして組み込まれていた6.34kmのステージ。今年はラリールートには含まれていないが、同イベントを象徴するステージのひとつとあって、今年は前座の単独イベントとして開催されることになった。10万人以上の集客が見込まれているというこのイベントに、VWモータースポーツから、セバスチャン・オジエとアンドレアス・ミケルセンが出場することになった。

「ファフェに初めて挑めることを楽しみにしてるよ」とチームディレクターのヨス・カピート。「セバスチャンとジュリアン(イングラシア)は、このラリースプリントで大勢のファンを交流できる。アンドレアスにとっては、競技コンディションでポロR WRCをテストできる機会にもなるし、このマシンでのWRCデビューを控えて、雰囲気に慣れてもらいたい」

 このラリースプリントでは、2回の予選を経てファイナル進出を決め、ベストタイムで争う。本競技の他、ジャンプの飛距離を争うタイトルも設定される。これまでの最長距離は、2000年にアーミン・シュワルツがシュコダ・オクタビアWRCでマークした73.5m。

 このラリースプリントには、VW以外のWRCチームも多数参戦する予定。

RALLY PLUS
RALLY PLUS