ソルドの2018年参戦は7戦、コ・ドライバーにデル・バリオが復帰 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ソルドの2018年参戦は7戦、コ・ドライバーにデル・バリオが復帰

©Hyundai Motorsport GmbH

現役WRCドライバーの中では、ヤリ‐マティ・ラトバラに次いで豊富な経験を持つダニ・ソルドは、2018年の参戦が7戦になることをスペインのメディアに語ったようだ。

参戦イベントはモンテカルロ、メキシコ、コルシカ、アルゼンチン、ポルトガル、ドイツ、スペインで、オールターマックのラリーも含まれている。

シーズン終盤になって4人目のドライバーとして電撃加入したアンドレアス・ミケルセン(これまでWRC3勝)は、ティエリー・ヌービルのレギュラーチームメイトになり、チームはソルドとヘイデン・パッドン(それぞれ過去WRC1勝)が全13戦を交互に参戦することを明言した。

チームは、これ以外のイベントについてはソルドとパッドンのどちらが参戦するかについて詳細は明かしておらず、あるいはフルタイムのドライバーがこれらのイベントに参戦することもあり得る。

なお、ソルドのレギュラーコ・ドライバーを4年間務めたマルク・マルティはコンビを解消、再びカルロス・デル・バリオが復帰する。
(Martin Holmes)

ワールドラリーカレンダー2021先行予約受付中!!