4575万画素で最高9コマ/秒の高速連写が可能な「ニコンD850」、9月8日発売 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

4575万画素で最高9コマ/秒の高速連写が可能な「ニコンD850」、9月8日発売

©Nikon

ニコンイメージングジャパンは、フルサイズセンサーを搭載するデジタル一眼レフカメラ「D850」を9月8日に発売する。価格はオープンプライス。

D850は、ニコンのデジタル一眼レフカメラとして初めて、裏面照射型CMOSセンサーを搭載。有効画素数4575万画素でISO感度はISO64から25600までの常用感度域を達成。画像処理エンジン「EXPEED 5」と連携してノイズを抑制しつつ、ISO102400相当までの増感、ISO32相当までの減感も可能だ。新設計のシャッターミラー機構を導入し、ボディ単体で約7コマ/秒、マルチパワーバッテリーパック「MB-D18」使用時で約9コマ/秒での高速連写を実現。D5と同様の153点AFシステムの採用で、動きのある被写体を確実に補足する。

静止画撮影では、ライブビュー時に先幕、後幕ともに電子シャッターを使用するサイレント撮影モードを搭載。静かな場所や天体などのレリーズ時のカメラの機構ブレを極力排除したい用途で有効だ。SNSに対応する1:1の比率の写真も撮影可能となった。背面には、タッチパネル採用のチルト式3.2型モニターを備え、高速な画像切り替えやタッチ操作による文字入力なども可能。カードスロットはXQDカードとUHS-II規格対応のSDカードスロットというダブルスロットを搭載する。

動画機能では、フルフレームでの4K UHD(3840×2160)/30P動画の撮影に対応。フルHDでは4倍、5倍のスローモーションも撮影可能で、インターバルタイマー撮影機能により、8K UHDを超える8256×5504のタイムラプス動画用素材(静止画)も撮影できる。

そのほか、AF、AE、AWBなどの自動制御の制度を高める「180KピクセルRGBセンサー」、カメラ任せで撮影シーンにより適した画づくりができるピクチャーコントロールの「オート」、用途に応じて選べるRAWファイルのL/M/Sサイズ、深度合成を行いたい時に便利な「フォーカスシフト機能」など、多数の新たな機能を備えている。

RALLY CARS