シルクウェイラリー:ステージウインのペテランセル「チームメイトを支える」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

シルクウェイラリー:ステージウインのペテランセル「チームメイトを支える」

©PEUGEOT

シルクウェイラリーは7月13日、ステージ6となるセメイ‐ウルザール間の597.13kmを走行。うち、セレクティブセクションは387.86km。この日は、今年のダカールの覇者、ステファン・ペテランセルがステージ勝利を獲得。この日2位のセバスチャン・ローブを15分先行するタイムで、これまでのロスを挽回し始めた。
「今日のステージは、これまで見てきた中で最も美しかった。草原がなくなり始め、ステージの中盤は山の中に入った。本当に信じられないような景観だったよ!」とこの日の走行を満喫したペテランセル。
「マシンもよかったし、今日は何のトラブルもなかった。24番手からスタートしたので、何台もマシンやトラックを抜かなくてはならなかったし、それがかなり厄介になることもあった。今の目標は、チームメイトをサポートすること。個人的には本当に興味があるのは勝つことだけなので、競技面では自分の興味はなくなったかもしれないが、プジョーの一員としてまだ重要な役目がある。まだトップ5の可能性が残されていると願いたいね」

総合首位につけるチームメイトのローブは、ナビゲーションが難しいこの日、何度かルートを見失う場面もあり、最後の100kmで10分以上をロス。それでも、この日のステージを2位でフィニッシュし、総合リードを維持した。前日、ステージウインをマークし先頭でこの日をスタートしたシリル・デプレは、ルートを見つけるのに苦戦。ペテランセルに31分遅れのステージ9位でこの日を終えたが、総合2位の座は維持している。

PEUGEOT

X-raidのブライス・メンジースはこの日、11番手タイムに終わったが、総合3位の座は死守した。

X-raid

14日は、ウルザール‐カラメイ間の412km。うちセレクティブ・セクションは106kmとなっている。この日は国境を越えて、中国に入国。砂丘が増え、丘陵や草地が織りなす美しい景観が待っている。

シルクウェイラリー 暫定結果(ステージ6終了時点)
1 S.ローブ(プジョー3008DKR Maxi)17:16:24
2 C.デプレ(プジョー3008DKR) +1:03:41
3 B.メンジース(MINIジョン・クーパー・ワークス・ラリー) +1:30:12
4 W.ハン(ジーリーSMGバギー) +1:30:47
5 C.ラビエール(バイクモーターBJ40L) +1:32:55

15 S.ペテランセル(プジョー3008DKR) +3:22:22



RALLY PLUS
ワールドラリーカレンダー2018