ル・マン24Hレース:トヨタTS050 HYBRIDの小林可夢偉がコースレコード更新でPP獲得 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ル・マン24Hレース:トヨタTS050 HYBRIDの小林可夢偉がコースレコード更新でPP獲得

TS050 HYBRID #7号車

©TOYOTA

6月15日(木)、第85回ル・マン24時間レースの公式予選2日目が行われ、午後7時から行われた予選第2回目の終盤、TS050 HYBRID #7号車を駆る小林可夢偉が3分14秒791というコースレコードを約2秒更新するタイムでポールポジションを獲得した。前日の予選第1回目に記録した自らのタイム3分18秒651から約4秒ものタイム更新で、最終的に2番手グリッドにつけたTS050 HYBRID #8号車にも2秒半の大差をつけた。

TS050 HYBRID #7号車:(小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ステファン・サラザン)
予選第2回目 : 1番手 (3分14秒791), 22周
予選第3回目 : 4番手 (3分19秒928), 28周
グリッド : 1番手 (3分14秒791)

TS050 HYBRID #8号車:(中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、アンソニー・デビッドソン)
予選第2回目 : タイム未計測, 4周
予選第3回目 : 1番手 (3分17秒128), 32周
グリッド : 2番手 (3分17秒128)

TS050 HYBRID #9号車:(ニコラス・ラピエール、国本雄資、ホセ・マリア・ロペス)
予選第2回目 : 4番手 (3分19秒889), 20周
予選第3回目 : 3番手 (3分18秒625), 31周
グリッド : 5番手 (3分18秒625)

トヨタにとってル・マン24時間レースでのポールポジションは、1999年のマーティン・ブランドル、そして2014年の中嶋一貴に続く3回目。

TOYOTA

小林可夢偉 (TS050 HYBRID #7号車)
「チーム全員のおかげでこの結果が得られ、本当に感謝しています。100%のアタックが出来、思い通りの速さを示せました。TS050 HYBRIDも快調そのもので、最高のアタックラップでした。赤旗中断からの再開直後というタイミングも絶好で、コース上もクリアな状況であり、フルアタック出来ました。ポールポジションを獲得出来たことは本当に誇りに思います。とはいえ、まだ24時間レースはスタートしていません。重要なのは決勝レースの結果であり、それこそが我々の目標です」

WEC第3戦ル・マン24時間 予選総合結果

順位No.ドライバー名チーム/車種周回ベストタイム
17小林可夢偉/
マイク・コンウェイ/
ステファン・サラザン
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
7603:14.8
28中嶋一貴/
セバスチャン・ブエミ/
アンソニー・デビッドソン
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
6003:17.1
31ニール・ジャニ/
アンドレ・ロッテラー/
ニック・タンディ
ポルシェLMPチーム/
ポルシェ919ハイブリッド
7203:17.3
42ティモ・ベルンハルト/
アール・バンバー/
ブレンダン・ハートレー
ポルシェLMPチーム/
ポルシェ919ハイブリッド
5703:18.1
59ニコラス・ラピエール/
国本雄資/
ホセ・マリア・ロペス
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
7803:18.6

RALLY CARS
RALLY PLUS