タフな1日を走り切ってサービスに帰還、の金曜日:ニャオキのホゲホゲWRC@アルゼンチン日記 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

タフな1日を走り切ってサービスに帰還、の金曜日:ニャオキのホゲホゲWRC@アルゼンチン日記

©Naoki Kobayashi

こんばんは、ざうるです。

アルゼンチンからお送りしているニャオキのホゲホゲ日記。本日はデイ2の競技が行われた金曜日分のツイートをまとめていきます。

さて、ラリーの方は競技2日目を終えて大混戦になっていますね。エルフィン・エバンスとマッズ・オストベルグのふたりによるフォード・フィエスタ1-2体制なんて、いったい誰が予想できたでしょう。今年のWRCからは本当に目が離せませんね。デイ3の展開もどうなるのかまったく予測不能! お見逃しなく。

トップツイートは、リヤフェンダーを失ってサービスに帰還したヤリ‐マティ・ラトバラのヤリスWRCでした。SS8で右リヤタイヤがパンクし、リムだけで残りの15kmを走ったということなので、裂けたタイヤがフェンダーを破壊した模様です。黒いタイヤ痕も見えますね。

それでは金曜日デイ2のツイート、振り返っていきましょう。

以上、金曜日のツイートまとめでした。最新の現地情報はラリープラス編集部の公式Twitterアカウント(@rallyplus)で絶賛更新中です。現地の電波事情が厳しいらしく、リアルタイムでの更新とはいきませんが、ぜひともフォローをよろしくお願いいたしますー!

RALLY PLUS