トヨタ、全日本ラリーに参戦するTGR Vitz CVTの開発ムービーを公開 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

トヨタ、全日本ラリーに参戦するTGR Vitz CVTの開発ムービーを公開

 

TOYOTA GAZOO Racingは、2017シーズンの全日本ラリー選手権に参戦するTGR Vitz CVTの開発ムービーを公開した。

動画の中で、今シーズンからチーフメカニックを務める凄腕技能養成部の宮本昌司が、TGR Vitz CVTを開発する上で意識したポイントを次のように語っている。
「まずはしっかりと走れるボディ作りを意識しました。そして、もうひとつは軽量化。強度を保ちながら軽く作ることを意識しています」

2015年に全日本ラリー参戦を開始したチームにとっては、このTGR Vitz CVTが早くも4台目の製作になるという。これまでに得られた知見を活かして、メンテナンス性やクルーにとっての利便性を向上させている。また、CVTを搭載することから様々なセンサーを使って制御する必要があるため、電子制御と付き合うことの苦労も語っている。動画の最後には、3月21日に幸田サーキットで行われたシェイクダウンの様子も収録されている。

チームとしての今季初戦となった第2戦唐津では、5度のベストタイムを記録して2位表彰台を獲得したTOYOTA GAZOO Racing。次戦の久万高原ラリーは昨年JN5クラス優勝を果たしており相性のいいラリーと言える。今シーズンのJN3クラスを盛り上げる存在として、今後の活躍に期待したい。

RALLY CARS