WRCフランス:SS9でソルドがオジエを逆転し2位浮上、ヌービルが首位を堅持 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフランス:SS9でソルドがオジエを逆転し2位浮上、ヌービルが首位を堅持

©HYUNDAI

WRCフランス(ツール・ド・コルス)は4月9日に競技最終日を迎えている。この日、最大の山場と目されていたSS9で2番手タイムを刻んだヒュンダイのダニ・ソルドが、7番手タイムに沈んだセバスチャン・オジエを逆転し2位に浮上した。

この日のオープニングステージとなったAntisanti – Poggio di Nazzaは、今ラリー最長距離となる53.78kmの超ロングステージ。このステージでトップタイムをマークしたのは、ラリーをリードするヒュンダイのティエリー・ヌービルだ。同じくヒュンダイのダニ・ソルドが0.1秒差の2番手タイムを刻み、ヒュンダイの2台は前日のコメント通りセットアップの改善が効果的であることを証明してみせた。さらにヌービルから1.8秒差の3番手タイムはシトロエンのクレイグ・ブリーン。以降、ラトバラ、Mスポーツのオィット・タナック、ヒュンダイのヘイデン・パッドンと続いている。

この結果、ヌービルは57.8秒差でラリーリーダーの座を堅持している。2番手でデイ3をスタートしたオジエは、ソルドに逆転を許し3位に。ラトバラはブリーンに4位の座を明け渡し、5位へとポジションを下げた。オジエはSS9でのタイムロスの原因を明らかにしていないが、残るSSは最終SS10のみ。最終ステージを前に問題が解消されるのか注目が集まる。

なお、トヨタのユホ・ハンニネンはステージ内で停止を余儀なくされ、SS9をフィニッシュしていない模様だ。

パワーステージに設定されている最終SS10を前に、ソルドとオジエの差は2.5秒。日本時間19:08にスタートする10.42kmの最終パワーステージで決着を迎える。



ワールドラリーカレンダー2021発売中!!