WRCグレートブリテン:初日首位はオジエ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCグレートブリテン:初日首位はオジエ

 

WRC第13戦(最終戦)ラリーGBは木曜日の競技初日を終了し、フォルクスワーゲンのセバスチャン・オジエが首位を快走している。

 この日は午前中に予選ステージを行ない、19時からのナイトステージでラリーは開幕。6.30km、10.51km、7.52kmの短距離ステージ3本ながら、ふたつのSSでオジエがトップタイムをたたき出し、2番手のティエリー・ヌービル(フォード)に3.2秒差を築いている。

 今回のラリーでシトロエンDS3 WRCをドライブするロバート・クビカは慎重な走りで首位と35.4秒差の7番手につけている。
 クビカは「今まで経験のない路面状況だから慎重に走っている。まだ学ばなければならないことばかりだね」とコメント。

 シトロエンのダニ・ソルドは今シーズン9台目のシャシーということで(規定では年間8台までとされている)スタート前に5分のペナルティを課されてしまった。
 しかし今回のシャシー登録に際しては単純にチームのミスとのこと。マトンからはソルドにミスを認める謝罪の言葉があったが、ソルドも「そりゃ残念ではあるけど、仕方がないさ。人間誰だってミスはするからね。チャンピオンシップも決着がついているし、経験のためにきっちりラリーに取り組むだけだ」と前向きなコメントを残している。

【SS3後暫定総合順位】
1:S.オジエ 14:28.3 
2:T.ヌービル +3.2 
3:J.ラトバラ +5.2 
4:M.ヒルボネン +16.2 
5:M.オストベルグ +24.7
6:A.ミケルセン +27.8



RALLY PLUS
ワールドラリーカレンダー2018