WRCフランス:シェイクダウン4番手のラトバラ「良いセットアップを見つけることができた」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフランス:シェイクダウン4番手のラトバラ「良いセットアップを見つけることができた」

©Naoki Kobayashi

4月6日(木)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第4戦ラリーフランス(ツール・ド・コルス)のシェイクダウンがコルシカ島のバスティア近郊で行われ、TOYOTA GAZOO Racing ワールドラリーチームのヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #10号車)とユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(ヤリスWRC#11号車)は、明日から始まる競技に向けてヤリスWRCの最終調整を行った。

シーズン最初のフルターマックラリーであるツール・ド・コルスに臨むにあたり、チームはコルシカ島のターマック(舗装路)コースで事前テストを実施していたが、足まわりのセットアップをさらに最適化するため、シェイクダウンでいくつかの仕様を試しラリー本番に備えた。多くのクルマがコーナーをインカットして走行したため、路面上に泥が出て滑りやすい状態となったが、ラトバラとハンニネンはそれぞれコースを3回ずつ走行し、路面の変化を確かめながらヤリスWRCの最終確認作業を行った。

トム・ファウラー(チーフ・エンジニア)
「今朝のシェイクダウンでは、ヤリ-マティ、ユホともに異なる2種類のセットアップを試しました。シェイクダウンのコースは、ラリーカーが走るごとに急激に路面コンディションが変わっていき、セッティングを正確に見極めることが困難でしたが、最終的にはふたりともほぼ同じセットアップを選択しました。また、金曜日のデイ1と土曜日のデイ2ではコースの特性が大きく異なり、シェイクダウンのコースとも大きく違うのですが、予定どおりプログラムを消化でき、得られるものがあったので満足しています」

TOYOTA

ヤリ-マティ・ラトバラ(ヤリスWRC#10号車)
「1回目の走行はとても調子が良く、2回目の走行では異なるタイプのダンパーを試してみました。2回目に走った時は多くのラリーカーが通過した後だったので、道に泥が出ていて非常に滑りやすくなっていました。ダンパーに関しては良いセットアップを見つけることができました。また、いつものようにブレーキの慣らし作業も終え、明日から始まる競技に向けて準備は万端です」

TOYOTA

ユホ・ハンニネン(ヤリスWRC#11号車)
「とても興味深いシェイクダウンでした。多くのクルマがコーナーのイン側をカットして走ったため、私がスタートした時には、道の表面はすでに多くの泥で覆われていました。しかしクルマの調子は良く、明日のSSはシェイクダウンとは大きく異なるタイプのコースのため、まったく問題ありません。クルマのフィーリングはとても良いので、明日の競技開始が楽しみです」

競技初日となる4月7日(金)のデイ1は、サービスパークが置かれる島の東海岸バスティアから約130km離れた西海岸のアジャクシオで競技がスタートする。30km前後の2本のコースを、間にサービスを挟むことなくタイヤ交換のみで各2回走行するため、クルマに大きなダメージを負うことはすなわち勝負権を失うことを意味する。デイ1に設定される4本のSSの合計距離は120.64km、リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は462.24kmとなっている。



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!