WRCスウェーデン:ミケルセンが首位発進 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスウェーデン:ミケルセンが首位発進

 

WRCスウェーデンは現地時間の20時すぎに開幕、カールスタッドで2台同時走行のSS1が行なわれた。

オープニングとなったSS1は、立体交差を持つ特設コース。市内のスタジアムには多くの観客が詰めかけた。

ここでトップタイムを獲得したのはフォルクスワーゲンのアンドレアス・ミケルセン。チームメイトのセバスチャン・オジエに0.8秒差をつけて首位に立った。
「昨年以来、フルスノーでのテストができていなかったから、少し鈍っているもあった。それでも手応えは悪くない。スタートしては上々の出来だと思っているよ」と上機嫌のミケルセン。

ミケルセンの2.2秒後方、総合3番手には2012年シーズン以来のWRC出走となるオット・タナク(フォード)。以下ヤリ‐マティ・ラトバラ(フォルクスワーゲン)、ミッコ・ヒルボネン(フォード)、こちらも久々のWRCとなるヘニング・ソルベルグ(フォード)というオーダーだ。

7〜10番手はヒュンダイとシトロエンが交互に名を連ねている。前回のラリーモンテカルロで好走を見せたロバート・クビカ(フォード)は総合12番手でSS1を終えている。

【SS1後暫定総合結果】
1:A.ミケルセン(フォルクスワーゲン) 1:33.4 
2:S.オジエ(フォルクスワーゲン) +0.8 
3:O.タナク(フォード) +2.2 
4:J.ラトバラ(フォルクスワーゲン) +2.4
5:M.ヒルボネン(フォード) +2.6 
6:H.ソルベルグ(フォード) +3.0 
7:J.ハンニネン(ヒュンダイ) +3.2 
8:M.オストベルグ(シトロエン) +3.2 
9:T.ヌービル(ヒュンダイ) +3.4 
10:K.ミーク(シトロエン) +3.9 



RALLY CARS
ワールドラリーカレンダー2018