トヨタ、ヤリスWRC最新バージョンを公開 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

トヨタ、ヤリスWRC最新バージョンを公開

©TOYOTA

12月13日、フィンランドのヘルシンキで行われたTOYOTA GAZOO Racing WRC体制発表会において、ヤリスWRCの最新バージョンが公開された。

TOYOTA

380馬力の1.6ℓ直噴エンジン、大型の空力パーツを装着したヤリスWRCは、トム・フォウラー、サイモン・キャリアー、ミッコ・ルオホら経験豊富なエンジニア・チームによって設計・開発されたものだ。

TOYOTA

チーム代表のトミ・マキネンは、「ヤリスWRCは、信じられないほどのポテンシャルを持つ、優れた設計のクルマだ。新規定により、開発の自由度が大幅に高まっている。まだすべてのポテンシャルを引き出せているわけではないが、ヤリスWRCは、信頼性と速さを兼ね備えていると言える。結果がどう出るか、本当に待ち遠しい限りだ」と述べた。

現時点で公表されているスペックは以下のとおり。

トヨタ・ヤリスWRC 主要スペック(日本名:ヴィッツ)

●エンジン
形式直列4気筒直噴ターボエンジン
排気量1600cc
最高出力380馬力以上
最大トルク425Nm以上
ボア×ストローク83.8mm×72.5mm
エアリストリクター36mm(FIA 規定による)
●トランスミッション
ギヤボックス油圧式6速シフト
駆動方式・差動装置4WD、機械式デファレンシャル×2、アクティブセンターデファレンシャル (トルクスプリットオプション)
クラッチ焼結ツインプレート・クラッチ
●シャシー/サスペンション
フロント/リヤマクファーソン・ストラット
サスペンションストローク量非公開
ステアリング油圧式ラック&ピニオン
ブレーキ・システム・グラベル用:300mm(空冷および水冷)
・ターマック用:370mm(空冷および水冷)
●寸法および重量
全長/全幅/全高4085mm(空力パーツ込)/1875mm/調整可能
トレッド幅調整可能
ホイールベース2511mm
最低重量1190kg
●性能
加速性能非公開
最高速度201kph(理論値)

ワールドラリーカレンダー2018
ワールドラリーカレンダー2018