WRC英国:デイ1を終えて王者オジエがリード – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRC英国:デイ1を終えて王者オジエがリード

©VOLKSWAGEN

WRC第13戦GBは初日のSS8までを終えて、4年連続チャンピオンを決めたオジエが37.3秒というリードを築き首位を快走している。2番手にはDMACKのオット・タナク、3番手にはヒュンダイのティエリー・ヌービルがつけている。

M-SPORT

M-SPORT

この日はSS1〜8までの8SS。30km以上のSSを2カ所と、名物ステージ「スイートラム」を含む4SSを2度走行する構成となっている。ラリーは“雨と霧のGB”そのもののコンディションとなり、ドライバーたちは濡れて滑りやすい路面と格闘することとなった。先頭走者のオジエにとっては、良好なコンディションで走ることができるアドバンテージとなる。

霧の出たSS1、オジエは貫録のベストタイムを獲得する。7.6秒差の2番手にはタナク、3番手にはヒュンダイのヘイデン・パッドンがつけた。同ポイントでドライバーズランキングの2番手を争うアンドレアス・ミケルセン(フォルクスワーゲン)とヌービルはそれぞれ5番手と8番手から上位を狙うこととなった。

HYUNDAI

HYUNDAI

SS2はジャンピングスポットとウォータースプラッシュをもつ名物SS、スイートラム。距離は4.24kmと短いが、オジエはSS2番手のミケルセンに3.3秒差をつけるベストタイムをたたき出す快走を見せた。この日最長となる35.14kmのSS3ではタナクがベストタイム、オジエ、ヤリ‐マティ・ラトバラが続く。

HYUNDAI

HYUNDAI

午前中最後のステージとなるSS4、ベストタイムはまたもタナク。同じく2番手オジエ、3番手ラトバラというオーダーに。ここでミケルセンはドライブシャフトを傷めてしまい、大きくタイムロスを喫する。総合順位は首位オジエ、2番手タナク、3番手にラトバラ。クリス・ミーク(シトロエン)とパッドンがそれぞれ0.2秒差でラトバラの背中を追う格好となっている。

オジエは午後も手綱を緩めず、SS5、6、7と連続ベストタイムをたたき出してタナクとのリードを広げていく。タナクも必死で食らいつこうとするがその差は縮まらず、SS7では途中までオジエより速いタイムを出せていたものの、リヤサスペンションにトラブルが出てしまい失速。さらに最終SSでは右前輪をパンクしタイムを失うこととなった。

CITROEN

CITROEN

また、SS7ではラトバラが駆動系トラブルで総合3番手の座から脱落、これによりミーク、パッドン、ヌービルが僅差で3番手を争う格好となったが、この日最後のSS8でヌービルがベストタイムをたたき出し、一気にふたりを抜き去って総合3番手につけることに成功した。結果、総合首位にオジエ、37.3秒差の2番手にタナク、1分9秒差でヌービルというオーダーとなっている。

競技2日目はSS9〜16の8SS。どのSSも10〜20km前後であり、僅差のバトルとなりそうだ。特に総合3番手ヌービルの背後には3.8秒差でパッドン、さらに2秒差でミークがつけており、表彰台圏内を巡っての戦いにも注目が集まる。SS9は日本時間29日16時31分スタート予定となっている。

順位ドライバーマシンタイム/差
1セバスチャン・オジエフォルクスワーゲン・ポロR WRC1:44:31.2
2オット・タナクフォード・フィエスタRS WRC+37.3
3ティエリー・ヌービルヒュンダイ i20 WRC+1:09.0
4ヘイデン・パッドンヒュンダイ i20 WRC+1:12.8
5クリス・ミークシトロエンDS3 WRC+1:14.8
6ダニ・ソルドヒュンダイ i20 WRC+2:07.2
7マッズ・オストベルグフォード・フィエスタRS WRC+2:37.3
8ヤリ‐マティ・ラトバラフォルクスワーゲン・ポロR WRC+3:43.6
9ステファン・ルフェーブルシトロエンDS3 WRC+4:31.6
10エサペッカ・ラッピシュコダ・ファビアR5+4:55.0


RALLY PLUS
ワールドラリーカレンダー2018