ラリプラ208 R2、第7戦は抜群のスピードを発揮して今季4勝目! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ラリプラ208 R2、第7戦は抜群のスピードを発揮して今季4勝目!

©RALLY PLUS

「YH クスコラリープラス208 R2」(以下、ラリプラ208 R2)は、9月23日(金)~25日(日)に北海道十勝地方で開催された2016年全日本ラリー選手権第7戦「RALLY HOKKAIDO」に参戦しました。

アジア・パシフィックラリー選手権(APRC)との併催で開催されるラリー北海道は、シリーズ屈指の総距離を誇る国内最大規模のラリーです。平均速度が100km/hを超えるハイスピードなステージや、1本のSSで30km 近くに達するロングステージなど、海外ラリーを彷彿とさせるステージ群を特徴としています。SS総距離は157kmを超え、ポイント係数は2.0。チャンピオン争いの行方を大きく左右する重要な一戦です。ラリプラ208 R2は、前日の雨により滑りやすいウエット路面とドライ路面が混在する難しい状況のなか抜群のスピードを発揮し、初日からトップに立ちます。2日目も安定感のある走りでトップを譲ることなく、JN5クラス優勝を達成しました。この結果、ドライバーランキングでは2位とのポイント差をさらに広げてタイトルに王手をかけるとともに、コ・ドライバーランキングでもトップに立ちました。

最終結果
JN5クラス優勝(総合4位)

ドライバー柳澤宏至選手のコメント
「ラリー北海道は非常に手強く距離の長いタフなラリーです。多くのマシンがリタイアするという状況のなか、最後までしっかりと走り切ることができ、しかも優勝という結果で締めくくることができて本当にうれしく思います。2位との差がかなり開いていたので、集中力を切らさないことを心がけて走りました。今シーズンも残りあと2戦、当初からの目標であるチャンピオン獲得を目指して頑張ります」

次回の参戦は、10月14~16日にかけて岐阜県高山市で開催される「M.C.S.C.ラリーハイランドマスターズ2016 Supported by Sammy」です。引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。

RALLY PLUS