WRCフィンランド:ミークが逃げ切り今季2勝目!! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフィンランド:ミークが逃げ切り今季2勝目!!

©CITROEN

WRC第8戦フィンランドは7月31日、デイ4の4SSを行ない、クリス・ミーク(シトロエン)が前日までの首位を守り切り、今シーズン2勝目。前回出場したポルトガルに続いての2連勝となった。2位はヤリ‐マティ・ラトバラ(フォルクスワーゲン)、3位には自身初表彰台となるクレイグ・ブリーン(シトロエン)。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

ラリー最終日に用意されたステージは、わずか4SS、33.96km。すでに大差のついた首位争いは動きようがなく、注目はオット・タナク(フォード)の追い上げで緊迫する3番手争いだ。オープニングのSS21、タナクはブリーンを4.3秒しのぎ、その差を4.8秒に削りとる。しかし続くSS22、スタートから3.4km地点の右コーナーでタナクはコースオフしてディッチにはまり、そこでリタイアとなってしまった。これで4番手にはティエリー・ヌービル、5番手にはヘイデン・パッドンとヒュンダイ勢が浮上するが、残るステージは17km弱しかない。なんとか初表彰台をモノにしたいブリーンはSS23でベストタイムをマーク。続く最終SSのパワーステージでは1-2タイムのヒュンダイ勢からの遅れを最小限に留め3位を確保。フィニッシュ後のTVインタビューで感涙にむせんだ。

HYUNDAI

HYUNDAI

首位ミークはこの日はセーフティマージンを残しての走行。選手権争いに無関係のためパワーステージでもそのペースを貫き、ラトバラとの差を29.1秒に保ったままフィニッシュして今季2勝目を挙げた。同胞の世界チャンピオン、コリン・マクレーとリチャード・バーンズも叶わなかったフィンランド制覇を成し遂げたミークは、「今回はすべてがうまくいった」と充実の表情だった。4位、5位はヒュンダイ勢。マニュファクチャラーズ選手権でセバスチャン・オジエが脱落したフォルクスワーゲンとの差をわずかながら縮めている。

次戦は8月18〜21日開催の第9戦ドイツ。シーズン初の本格的ターマックラリーで、先頭走者の不利から解放されるオジエが本領を発揮するのか、あるいは伏兵が現れるのか、目が離せない。

順位ドライバーマシンタイム/差
1クリス・ミークシトロエンDS3 WRC2:38:05.8
2ヤリ‐マティ・ラトバラフォルクスワーゲン・ポロR WRC+29.1
3クレイグ・ブリーンシトロエンDS3 WRC+1:41.3
4ティエリー・ヌービルヒュンダイi20 WRC+1:45.9
5ヘイデン・パッドンヒュンダイi20 WRC+1:48.2
6マッズ・オストベルグフォード・フィエスタRS WRC+2:04.6
7アンドレアス・ミケルセンフォルクスワーゲン・ポロR WRC+2:22.4
8エサペッカ・ラッピシュコダ・ファビアR5+4:53.8
9ケビン・アッブリングヒュンダイi20 WRC+5:22.4
10テーム・スニネンシュコダ・ファビアR5+5:35.5
ワールドラリーカレンダー2019