シルクウェイラリー レグ12:ローブ、ベストタイムをマークもペナルティで後退 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

シルクウェイラリー レグ12:ローブ、ベストタイムをマークもペナルティで後退

©PEUGEOT

クロスカントリーラリーイベントのシルクウェイラリーは7月21日、レグ12の走行が嘉峪関‐阿拉善間で行われた。

北京で大会フィニッシュを迎えるまであと3日間となったこの日は、砂漠越えが100km続くタフな設定となった。この競技区間を最速タイムでフィニッシュしたのは、プジョー2008DKRのセバスチャン・ローブ。2番手タイムをマークしたシリル・デプレに7分以上の大差をつけたが、義務づけられる通過ポイントを2カ所ミス。わずか数10mという範囲ではあったものの、4時間という厳しいタイムペナルティが科され、総合順位では10位に後退してしまった。

PEUGEOT / Florent Gooden / DPPI

PEUGEOT / Florent Gooden / DPPI

「パッセージコントロールで、通過ポイントを逃したことを気付いていた」とローブ。
「しばらくポイントを探し回ったが、そのうちに出てくるだろうと思った。結局、見つからなかったが、40mも離れていないところだったと思う。たくさんの通過ポイントが近くに集中しているので、紙一重だった。難しいコンディションを先頭走行でスタートしたにも関わらずいい走りができていたので、本当に悔しい。自分たちはまだクロスカントリーではビギナーで、GPSを正確に使いこなせていない。今回は学ぶために参戦しているので、ここまで健闘してきたと思う」

X-RAID

X-RAID

一方、2番手タイムをマークしたデプレは、総合首位を堅守。ローブに代わって、MINI ALL4レーシングのヤジード・アルラジが総合2位に浮上した。
残る競技区間は、2日間で合計約630kmだ。

総合順位(レグ2終了時点)
1 C.デプレ(プジョー) 27h29:56
2 Y.アル‐ラジ(MINI) +30:30
3 V.バジリエフ(MINI) +49:04
4 H.ハント(MINI) +1h41:00
—-
10 S.ローブ(プジョー) +4h02:55
17 S.ペテランセル(プジョー)+9h26:37

ワールドラリーカレンダー2019