WRCイタリア:2日目もヌービルが首位、後続を引き離す – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCイタリア:2日目もヌービルが首位、後続を引き離す

©HYUNDAI

WRC第6戦イタリアは競技2日目を終えて、ヒュンダイのティエリー・ヌービルが首位を快走し、後続とのリードをさらに広げた。総合2番手はヤリ‐マティ・ラトバラ、3番手にはセバスチャン・オジエとフォルクスワーゲンの2台が続いている。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

この日行われたのはSS10〜15。3ステージを2度ずつ走行する構成で、SS総距離は177.70kmと、ラリーの山場となる。オープニングステージとなったSS10ではヒュンダイのケビン・アッブリングがWRCで初めてのベストタイムを獲得した。SS11はフォードのオット・タナク、SS12はMスポーツのマッズ・オストベルグと、目まぐるしくSSウイナーが変わる展開となった。ヌービルはその間も首位を堅持していたが、SS12を終えた段階で2番手ラトバラとの差は2.9秒にまで縮まっていた。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

サービスを挟んで午後のSS13でヌービルは渾身のアタック。ベストタイムをたたき出して、SS5番手タイムだったラトバラとの差を合計13.7秒にまで広げることに成功した。続くSS14ではラトバラが逆襲の一番時計をマークするが、ヌービルも0.8秒差のSS2番手で食らいつき、ふたりの差は12.9秒に。そしてこの日の最終ステージ、SS15もふたりの一騎打ちとなった。44.26kmを制したのはヌービルで、ラトバラは3.2秒の2番手タイム。これにより、ふたりの総合タイムでの差は16.1秒まで拡大することとなった。総合3番手のオジエはこの日を終えて1分15秒差と上位2台に水をあけられている。

最終日はSS16〜19の4SS。距離は40.26kmと短いが、上位陣ふたりのトップ争いとともに、出走順のハンデがなくなる最終日に、オジエが上位との差をどこまで差を詰められるかにも注目だ。SS16は、日本時間の12日15時27分スタート予定。

順位ドライバーマシンタイム/差
1ティエリー・ヌービルヒュンダイi20 WRC3:07:35.2
2ヤリ‐マティ・ラトバラフォルクスワーゲン・ポロR WRC+16.1
3セバスチャン・オジエフォルクスワーゲン・ポロR WRC+1:15.0
4ダニ・ソルドヒュンダイi20 WRC+2:19.2
5オット・タナクフォード・フィエスタRS WRC+4:50.6
6ヘニング・ソルベルグフォード・フィエスタRS WRC+5:32.4
7エリック・カミリフォード・フィエスタRS WRC+5:38.5
8ティーム・スニネンシュコダ・ファビアR5+6:49.0
9ヤン・コペッキーシュコダ・ファビアR5+8:08.3
10ニコラス・フックスシュコダ・ファビアR5+8:10.5
RALLY PLUS