ラリーアメリカ第2戦はパストラーナが逆転優勝 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ラリーアメリカ第2戦はパストラーナが逆転優勝

©SUBARU

3月19日、ミズーリ州で開催されたラリーアメリカ第2戦の100エーカーウッドラリーでスバル・ラリーチームUSAのトラビス・パストラーナ(スバルWRX STI)が優勝、チームメイトのデイビッド・ヒギンズが2位に入った。

SUBARU

SUBARU

ラリーは、18日の金曜日と19日の土曜日という2日間、全17SSで行われ、チームメイト同士による激しいバトルが展開された。初日、パストラーナは9SSのうち6SSを制してラリーをリード。昨年の勝者である2番手のヒギンズに8.7秒差をつけてみせた。

SUBARU

SUBARU

2日目、逆転を期して臨んだヒギンズは、8SSのうち6SSを制する走りでパストラーナを追い詰め、最終ステージを前にしたSS16でついに逆転。4.9秒差でトップに立った。そして迎えた最終SS、ヒギンズはウォータースプラッシュで冷却水のホースを切断してしまい万事休す。大きくタイムロスを喫してパストラーナに再逆転を許すこととなった。

SUBARU

SUBARU

ラリーアメリカ第3戦はオレゴン州で開催されるオレゴン・トレイル。森林セクションのほか、6速全開で丘陵地帯を駆け抜けるセクションなど、観客にも人気の高いイベントとなっている。4月22〜24日の3日間にわたって開催される予定だ。

総合順位クラスドライバーマシンタイム/差
1オープントラビス・パストラーナスバルWRX STI1:43:07.0
2オープンデイビッド・ヒギンズスバルWRX STI+1:42.3
3スーパープロダクションオサリバンスバルWRX STI+10:49.9
4スーパープロダクションジェフ・シーホーンスバルWRX STI+11:44.8
5ナショナル・リミテッド・オープンシームス・バーク三菱ランサーエボリューション+11:46.8
6スーパープロダクショントロイ・ミラースバルWRX STI+16:15.3
RALLY PLUS