新井大輝、フィンランド開幕戦で総合3位 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

新井大輝、フィンランド開幕戦で総合3位

©Taneli Niinimäki

2016年、TOYOTA GAZOO Racingのラリーチャレンジプログラムとして、トミ・マキネン・レーシングのサポートのもと、フィンランド選手権フル参戦に挑む勝田貴元と新井大輝が、1月28−30日に開催された開幕戦、アークティック・ラップランド・ラリーに参戦。新井は昨年に引き続きフィル・ホール、勝田は新たに昨年までエルフィン・エバンスとともにWRCを戦っていたダニエル・バリットと、英国人コ・ドライバーと組んでのシーズンインとなった。マシンはいずれもR4仕様のスバルWRX STI 。

ラリー前にはフィンランドで氷上・雪上トレーニングを積んで準備を進め、スタートを迎えた2クルー。グループR4/N4に相当するSM2クラスで新井は開幕ステージからクラス2番手タイムを連発し、クラス総合2位を堅守。全10SS中、SS5〜9まではクラストップタイムを連発し、クラス2位でポディウムフィニッシュを果たした。

Taneli Niinimäki

Taneli Niinimäki

クラス優勝は、同じくR4仕様のWRX STIを駆るテーム・アスンマー、クラス3位にもインプレッサのユハ・コリオネンが入り、スバル勢がポディウムを独占した。

初めて英国人コ・ドライバーとの実戦をスノーラリーで迎えた勝田は、開幕ステージをクラス7番手と堅実にスタート。続くSS2では新井に次ぐ3番手タイムをマークしたが、SS3の42.64kmロングステージでコースアウト、残念ながらリタイアとなった。

Taneli Niinimäki

Taneli Niinimäki

総合優勝は、昨年のフィンランド王者、ユハ・サロ(プジョー208 T16)だったが、アスンマーと新井は総合順位でもR5、WRカー勢を抑えての2位、3位に食い込む大健闘となった。

SM2クラス リザルト

順位ドライバーマシンタイム/差
1テーム・アスンマースバルWRX STI2:03:25.8
2新井大輝スバルWRX STI+1:37.2
3ユハ・コリオネンスバル・インプレッサ+7:23.0

ワールドラリーカレンダー2020