ペターの変装サプライズ動画が6800万ビューの話題に – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ペターの変装サプライズ動画が6800万ビューの話題に

 

2年連続世界ラリークロス選手権王者の座を獲得したペター・ソルベルグが、初老の紳士に変装して登場するサプライズ動画が話題になっている。

ペターが扮するのは、メルセデスを所有する紳士。車両にトラブルがあったと路肩に停車しているところに、ディーラーのスタッフが呼び出される。「新しいAMGなんだ、靴を脱いでくれ」と気難しそうな老人は「後ろの方に何か不具合がある感じがするんだ」と訴える。「このクルマは速過ぎる、運転は久しぶりなんだ」とおぼつかない運転操作にスタッフは「異常は感じられませんが……」

すると駐車場に移動して「高速で運転すれば異音が聞こえるんだ」と急加速を見せる紳士。そのうちに、駐車場を歩いていた男性と口論になり、カッとなったその老人は猛スピードでドリフトを始める。その妙技に、たまらず笑顔があふれるエンジニア。「クルマは何も問題なさそうですね!」この老人、実は世界タイトルを3つも獲得したノルウェーのスーパーヒーロー、ペター・ソルベルグが変装していたというオチだ。

この動画が撮影されたのは、ノルウェーのオスロ。ペターと、ペターが所有するチームPSRXが、2016年にノルウェーのカーディーラーショップ、ベルテル・O・スティーン(取り扱い車種はメルセデス、プジョー、KIA、シトロエン)と新たにスポンサー契約を結んだことから実現した。こうした隠しカメラを使った動画を作ることは、ペターの長年の夢だったという。登場したベルテル・O・スティーンの3人のエンジニアたちは、事情は一切知らされておらず、「業務」として呼び出された。

初老に扮したペター、その変装には、マスク装着に1時間、メイクアップに4時間をかけたという。紳士としての偽名は、ビャーネ・ハンセン。ビャーネはペターの祖父の名前、ハンセンはノルウェーで一般的な苗字だという。

この動画は、公開から36時間で、フェイスブックで2000万プロフィール、6800万ビュー、10万いいね!、10万シェア、コメント1万2000件に達するなど話題となっている。

ワールドラリーカレンダー2019