WRCモンテカルロ:競技3日目、ミーク無念の脱落! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテカルロ:競技3日目、ミーク無念の脱落!

©VOLKSWAGEN

WRCモンテカルロは競技4日目を終了し、フォルクスワーゲンのセバスチャン・オジエが首位を独走している。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

この日設定されたのはSS9〜SS13の5SS。首位オジエと総合2番手のクリス・ミーク(シトロエン)との差は9.5秒と、ミークが食い下がっている。オープニングステージであり、51.55kmというラリー最長の距離を誇るSS9/11が勝負どころになると目されていた。

そのSS9ではオジエがSS2番手のミークに10.6秒差をつけるベストタイム。これでふたりの差は一気に20.1秒にまで広がってしまった。総合3番手のヤリ‐マティ・ラトバラ(フォルクスワーゲン)とオジエの差は1分39秒4と大きく広がっている。

HYUNDAI

HYUNDAI

続くSS10、ここではタイヤ選択を当てたフォルクスワーゲンのアンドレアス・ミケルセンがSS2番手のオジエに43.9秒差をつけるベストタイム。ミークは右リヤをヒットしタイムロス、オジエから10.1秒遅れのSS4番手でフィニッシュした。

サービスを挟んで午後最初のステージは、SS9の再走となるSS11。ここではミークがベストタイムをたたき出すも、オジエも3.4秒差のSS2番手タイムで差を広げさせない。このSSでラトバラは左フロントサスペンションを破損、ロードセクションで修理を試みるも、修復叶わずリタイアすることとなった。ラトバラのリタイアによって、総合3番手には2分29秒8差でミケルセンが浮上した。

M-SPORT

M-SPORT

SS12では、ヒュンダイ勢がSS1-2-3フィニッシュを達成。ティエリー・ヌービルがベストタイム、SS2番手にヘイデン・パッドン、SS3番手にダニ・ソルドという順位となった。一方、総合首位のオジエはSS7番手、ミークがSS8番手となり、ふたりの差はほとんど変わらない。

そしてこの日の最終ステージを前にしてなんとミークがギヤボックストラブルでリタイアを喫することとなった。ミークのDS3 WRCはSS12の途中でサンプガードを失っており、その際のダメージがおよんだものと思われる。これでオジエは悠々とSS7番手タイムでフィニッシュ、この日のステージをすべて終えて、2番手のミケルセンに1分59秒7という大差で最終日に臨むこととなった。

CITROEN

CITROEN

総合3番手はヌービル、4番手にフォードのマッズ・オストベルグ、5番手にはシトロエンのステファン・ルフェーブル、6番手にはフォードのブライアン・ブフィエというオーダーとなっている。2番手のミケルセンと3番手のヌービルはわずかに12.5秒差となっており、2番手争いにも注目が集まる。

競技最終日は名物チュリニ峠のステージを含むSS14〜SS16の3SS。SS14のスタート時刻は日本時間の17:08となっている。

順位ドライバーマシンタイム/差
1セバスチャン・オジエフォルクスワーゲン・ポロR WRC3:19:05.7
2アンドレアス・ミケルセンフォルクスワーゲン・ポロR WRC+1:59.7
3ティエリー・ヌービルヒュンダイi20 WRC+2:12.2
4マッズ・オストベルグフォード・フィエスタRS WRC+4:25.9
5ステファン・ルフェーブルシトロエンDS3 WRC+7:29.4
6オット・タナクフォード・フィエスタRS WRC+10:42.3
7ダニ・ソルドヒュンダイi20 WRC+10:44.5
8エルフィン・エバンスフォード・フィエスタR5+17:14.5
9アルミン・クレマーシュコダ・ファビアR5+19:26.4
10エサペッカ・ラッピシュコダ・ファビアR5+19:38.1
RALLY PLUS