WRCスペイン:WRCポスト会見「いつでもペースは持っていた」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスペイン:WRCポスト会見「いつでもペースは持っていた」

 

WRCスペイン、イベント後記者会見の内容
(抜粋)

●WRCプレイベントカンファレンス出席者
1位:セバスチャン・オジエ=SO(フォルクスワーゲン・モータースポーツ)
1位:ジュリアン・イングラシア=JI(フォルクスワーゲン・モータースポーツ)
2位:ヤリマティ・ラトバラ=J-ML(フォルクスワーゲン・モータースポーツ)
2位:ミーカ・アンティラ=MA(フォルクスワーゲン・モータースポーツ)
3位:ミッコ・ヒルボネン=MH(MスポーツWRT)
3位:ヤルモ・レーティネン=JL(MスポーツWRT)
ヨースト・カピート=JC(チーム代表、フォルクスワーゲン・モータースポーツ)

Q:
セバスチャン、おめでとう! この二度目の世界タイトルを獲ることで自分のペースを裏付けるものになると言っていたが、今の気分は?
SO:
もちろん、とてもいい気分だよ。ただ運がよかっただけじゃないことを証明するのは、すべてのチャンピオンが目指すことだ。誰だって速さを裏付けたいと思うし、今年はそれがターゲットだった。タイトルを一回獲るのも難しいが、それを守るのも難しいといつも言っているが、今年はいろいろな意味でその通りだった。理由のひとつが、僕の右にいる人(ラトバラ)。今年はかなり強かった。最終的にその差が数秒しかない接戦もたくさんあった。今季は本当にエキサイティングだったし、このラリーで勝って二度目のタイトルを決められて、とてもうれしいよ。

Q:
この週末は何を思いながら走っていた?
SO:
フランスでは本当に悔しかったし、今回はモチベーションも自信もすごく高まっていた。でも、初日のグラベルは少し心配だったんだ。デイ1ではいいギャップが築けた。びっくりしたよ。マキシマムでプッシュして、マシンもすごく楽しめた。そこから、ラリーはさらにハードになった。何も考えずにプッシュしている時は悪くないけど、ラリーをコントロールすることは難しくなった。ヤリマティがターマックでものすごかったからね。強いペースを維持しなくちゃならなかったから、ラリー運びには満足しているよ。エゴとしては、もう少し速く行きたいんだけど、自分に言い聞かせなくちゃならなかった。「OK、この週末で一番大切なのはチャンピオンシップだ」と。そして、それを自分で受け入れることができたことで、最終的にベストの走りになったんだ」

Q:
素晴らしいシーズンになったが、序盤は少し不安定だったね。
SO:
今季は難しい局面もあった。メンタルで少し弱いところがあったし、ラリーの将来についても心配させられて、モチベーションが本当に落ち込んだ。そんなことがあっては、100%での力は発揮することができない。心配することはなさそうだと言う人がいたとしても、少しでも気が逸れるようなことがあってそれが解消されないと、物事が間違った方向へ進んでしまう。最も重要なことは、僕がそれを乗り越えたっていうことだ。たくさんの人が支えてくれて、今に集中できるようになった。今季はそれでもハッピーだった。

Q:
ジュリアン、どう思う?
JI:
今日はダニエル・エレナの誕生日なんだ。これで、自分の2度目のタイトルを獲得した日を忘れないでいられるよ!

Q:
個人的には、今年についてはどんな気分だったか。
JI:
より素晴らしい成果を得られたことの気持ちが大きいかもね。簡単に勝てたことなんかなかった。コーナーひとつひとつがバトルだった。いいレッキをして、すべての要素でいいパフォーマンスをしなくてはならなかった。苦しい時もあったし、ドイツとフランスでは最悪だった。感情としては、今年は少し苦しかった。ヤリ、ミーカと激戦になるとも分かっていたしね。最後までもつれると思っていたから、素晴らしい成果だ。

Q:
ヤリマティ、最後まで戦い切ったが、彼らを苦しめた。
J-ML:
チャンピオンになりたかったら、あきらめてはいけない。戦わなくちゃならないんだ。ウェールズまでタイトル争いを持ち越したかったけど、うまくいかなかった。セブとジュリアンの金曜日の滑り出しは素晴らしかった。僕は…どこだか分からないけど、ラリーがスタートした時はこの星にいなかった。フィーリングが最悪で、最悪のドライビングだった。気持ちの中では、ターマックに向けては準備は万端だった。フランスの後、ラリーレジェンドに出て舗装を1000km走ったから、グラベルのモードに戻るのが難しかった。

Q:
決してあきらめなかった。
J-ML:

RALLY PLUS
RALLY PLUS