ミケルセン、体調不良でシェイクダウンを欠席、オジエとラトバラがベストタイム – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ミケルセン、体調不良でシェイクダウンを欠席、オジエとラトバラがベストタイム

©VOLKSWAGEN

WRCラリーGBは11月12日にシェイクダウンが行われたが、フォルクスワーゲン・モータースポーツIIのアンドレアス・ミケルセンは11日から体調不良を訴え、メディアイベントを欠席。ドイツに向かい、フォルクスワーゲンのチームドクターの診察を受けた。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

その後、12日の遅くに英国に戻るため、シェイクダウンの他、セレモニアルスタートも欠席した。チーム関係者は、13日のデイ1にはスタートする予定と伝えている。ミケルセンの病状についてはコメントを避けたが、広報によれば「深刻なものではなく、マシンにも問題なく復帰していいと判断を受けている」としている。

3.32kmのClocaenogで行われたシェイクダウンはマディなコンディションとなったが、チームメイトのセバスチャン・オジエとヤリマティ・ラトバラが揃ってベストタイムをマークした。

WRC GB シェイクダウン結果
1= S.オジエ(フォルクスワーゲン) 2:01.4
1= J-M.ラトバラ(フォルクスワーゲン) 2:01.4
3. K.ミーク(シトロエン DS 3) +0.3
4. T.ヌービル(ヒュンダイ) +0.5
5. H.パッドン(ヒュンダイ) +1.0
6. D.ソルド(ヒュンダイ) +1.2
7. M.オストベルグ(シトロエン DS 3) +1.3
8. E.エバンス(フォード) +1.4
9. K.アッブリング(ヒュンダイ) +2.0
10. S.ルフェーブル(シトロエン DS 3) +2.2

RALLY PLUS