カピート、ローブのスポット復帰と走行順に懸念 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

カピート、ローブのスポット復帰と走行順に懸念

 

 フォルクスワーゲン・モータースポーツのチームボス、ヨースト・カピートは、セバスチャン・ローブのようなスポット参戦ドライバーが出走順のアドバンテージを活用して勝利を得ることで、シリーズの価値が下がることになるのではと懐疑的な姿勢を見せているという。英国オートスポーツ誌が報じた。

 2015年のWRCでは、選手権の順位に沿って走行する期間がデイ1のみからデイ2までに延長された。このため、選手権のポイントリーダーは、ラリーの大半でコンディションの悪い状態での走行を強いられることになる。なお、最終日はプライオリティドライバーをリバースした順での走行となる。

 シトロエン・レーシングは、開幕戦のモンテカルロにローブのスポット参戦を発表している。チームはワンオフであることを強調しているが、カピートはローブの参戦が増えて、選手権順位が下であるために走行順が後になり、タイトル争いをかき乱すことになるのではと懸念している。

「メキシコのような場所では、砂利掃きを負うドライバーがラリーで勝つのは不可能だ」とカピート。

「このようなイベントでは、もしセバスチャン・ローブのようなドライバーをチームが投入してくれば、彼が勝つことになる。シンプルだ。ローブはモンテカルロに参戦するそうだが、もっと参戦してくるのは間違いないだろう。たぶん3,4戦はね。そして、チームのために大量ポイントを獲得するだろう」

 カピートは、ローブが勝利を重ねることで、2015年のチャンピオンが不当に扱われることになってしまうとも語った。

「私が不安に思っているのは、もしローブが3、4戦だけ勝ち逃げして、フル参戦しない場合のことだ。外から見れば、誰もがローブの成績だけを見て、“もし、彼がフル参戦すればタイトルを獲っていただろう、他のドライバーが狩ったのはローブがいなかったからだ”と言われてしまいかねないということだ」

「こうした流れはシリーズの価値を下げる。このルール変更の話が最初に上がった時点で、私はこうしたことが起こると警告していたんだ」

 カピートは、ルール面でアドバンテージを得るために、最前線のドライバーを欠場させることも検討するかもしれないと語った。

「例えば、ヤリマティを一戦欠場させて他のドライバーを投入すれば、走行順が10番、15番辺りになる。ベストのコンディションで走れるから、ラリーにも勝てる」とカピート。

「でも、誰を走らせる? 同じ走行順でローブに勝てるドライバーがいるんだろうか?」



RALLY PLUS
RALLY CARS