WRCフランス:日本時間のアイテナリー – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフランス:日本時間のアイテナリー

©TOUR DE CORSE

2015年WRC第11戦ツール・ド・コルス ラリー・ド・フランスは、10月2日(金)〜4日(日)の3日間で開催されるターマックラリー。日本との時差は日本が7時間先行している。開催地であるコルシカ島の名称から、通称コルシカ、もしくはコルスなどと呼ばれる。

WRCフランスとしてコルシカ島でラリーが開催されるのは2008年以来7年ぶり。2009年は当時のWRCのローテーション制度によりWRCカレンダーから外され、2010年からはローブの故郷であるフランス本土のアルザスに移行。2011〜12年はIRCとして、2013〜14年はERCとして開催はされてきている。

前回大会の2008年は2リッターターボのWRカー全盛の時代であり、現行の1.6リッターターボのWRカーでコルシカを走るのは初めて。SSはわずか9カ所だが、最終SS以外はすべて約30km、最長で48.46kmとひとつのSSの距離が長く、しかもサービスはわずか4回、最終日はサービスなしでの戦いと、近年のWRCフォーマットとは一線を画すアイテナリーとなっている。

■WRCツール・ド・コルス アイテナリー

SS/TC SS/TCメイ 距離キョリ時間ジカン 現地時間ゲンチジカン 日本時間ニホンジカン
デイ1 2015ネン10ガツ2ニチキン
パルクフェルメ アウト(Ajaccio
Palais des Congres)
SS1 Plage du Liamone – Sarrola-Carcopino  29.12km 9:23 16:23
サービスA(Corte aerodrome) 33分間プンカン
SS2 Casamozza- Ponte Leccia 1  43.69km 13:39 20:39
SS3 Francardo – Sermano 1  36.43km 14:47 21:47
フレキシサービスB(Corte aerodrome) 48分間プンカン
デイ2 2015ネン10ガツ3ニチ
SS4 Casamozza – Ponte Leccia 2  43.69km 9:00 16:00
SS5 Francardo – Sermano 2  36.43km 10:08 17:08
サービスC(Corte aerodrome) 33分間プンカン
SS6 Muracciole – Col de Sorba  48.46km 13:52 20:52
フレキシサービスD(Corte aerodrome) 48分間プンカン
デイ3 2015ネン10ガツ4ニチニチ
SS7 Sotta – Chialza  36.71km 7:25 14:25
SS8 Zerubia – Martini  41.46km 8:58 15:58
SS9 Bisinao – Agosta plage (Power Stage)  16.74km 12:08 19:08
ポディウムセレモニー(Ajaccio) 13:45 20:45
ワールドラリーカレンダー2019